1. 言葉のキャッチボールを意識する!ビジネスの成功を手助けする会話術の身につけ方

言葉のキャッチボールを意識する!ビジネスの成功を手助けする会話術の身につけ方

by Maney|Digital
 ビジネスの中では、取引先とのコミュニケーションや営業など、話す機会が多くあります。そのような営業や取引の際に重要になるのが会話術です。しっかりと相手に好感を持ってもらう会話術とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、ビジネスで有効な会話術について紹介します。

会話術は会話に入る前から始まっている

 会話術は相手とのあいさつから始まっています。相手が挨拶をしてくれるのを待つのではなく、自分から声をかけるようにすることで、好感度アップにつながります。そうすることで、商談の話もスムーズに進めていくことができるでしょう。そして、相手の役職に関わらず、誰にでも挨拶するのは当たり前のこと。取引先では、商談に関わる人だけではなく、周囲の人とも挨拶を交わすことで、良い印象になるように心がけましょう。

相手の話をよく聞く

 ビジネスでの会話術として重要なのは、話すことはもちろんですが、相手の話をよく聞くということも重要なのです。それは、会話が原則として、言葉のキャッチボールであるからです。しっかりと聞くことが次の自分の発言に繋がり、それが会話術になるのです。

適度な会話のキャッチボールを繰り返すようにする

 先ほども言ったように、会話はキャッチボールです。自分がまくしたてるように話しまくり、相手を丸め込む形でビジネスを成功させても、次の成果にはつながらないでしょう。適度な会話のキャッチボールをするためにも、疑問で話を終わらせたり、相手の意見を求め、賞賛したり、批判する機会を作るようにすることが会話術の基本です。



 ビジネスシーンで成功を勝ち取るためには巧みな会話術が必要です。普段から、人と話す時は、自分の話し方が相手に喜んでもらえるものか、聞き上手になっているかなどを意識してみるといいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する