1. 相手に十分な配慮をすることがカギ! 見やすくわかりやすいプレゼン資料を作るためのコツ

相手に十分な配慮をすることがカギ! 見やすくわかりやすいプレゼン資料を作るためのコツ

by MDGovpics
 コンペや重要な会議など、プレゼンをしなければならない状況で重要なのは、しっかり見やすくわかりやすい資料を作成することです。見やすい資料を作ることで、聞いている人もプレゼンを理解することが容易になるでしょう。ここでは、相手に伝わりやすいプレゼン資料の作り方のコツを紹介します。

目次を作り、ページ番号を各スライドに付ける

 目次やページ番号の付いたプレゼンの資料は、見る人にとって見やすく分かりやすいです。最初に、テーマに沿った目次を作り、どのような構成にするのかを考えながら作業しましょう。そうすることで、全体の構成が洗練されたものになり、論理的にわかりやすい構成へと近づくことができます。また、ページ番号を各スライドに付けるようにしましょう。

 目次はページ数が分からないと書けないため、最後に作成する人が多いかもしれません。しかし、最初に作成して、大まかな概要を書きだすことで、ページ配分の調整がしやすくなります。会社によって目次の書き方には違いがありますので、必ず前に使ったプレゼンの資料を確認しながら書き進めるようにしましょう。

 また、文字の大きさや、背景色についても、書き方に違いがありますので、どのようなやり方がよいかは一概には言えません。ですが、資料の中で使用するフォントの種類や、フォントサイズ、色の使い方などを、全体にわたって統一することはどのような場合でも大切ですので覚えておきましょう。

グラフや表を有効活用する

 プレゼンの資料には、グラフや表を利用すると大変分かりやすくなります。口頭やスライドの文章での説明では意味が伝わりづらいものでも、グラフや表にすることで聞き手の理解が進みます。図や表で「形」として表すことで、より直感的に理解することができるのではないでしょうか。

1ページに含まれる情報の量を極力少なくする

 プレゼンの資料では、どうしても様々な情報を見てもらいたいがために、スライドに情報を詰め込みがちですが、それでは読みにくい資料になってしまいます。なるべく、1ページに含まれる情報の量は少なくすることがコツと言えるでしょう。そうすることで、シンプルに情報が伝わるため、相手も理解しやすいのです。


 ここでは、プレゼンの資料の作り方のコツを紹介しました。プレゼンの資料で大切なのは、相手に配慮して、読みやすく見やすい資料を作るということです。しっかりと意識的に視認性の高い資料を作り、プレゼンを成功させましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する