1. 正直に理由を言ってもOK! 人間関係を崩さず、うまく飲み会を欠席するための断り方

正直に理由を言ってもOK! 人間関係を崩さず、うまく飲み会を欠席するための断り方

by Simon Cocks
 ビジネスマンにとってコミュニケーションはもちろん大切ですが、飲み会など、どうしても参加できないという場合があるのも事実です。どのように断れば人間関係を崩さないようにできるのでしょうか? ここでは、人間関係を崩さずに済む飲み会の断り方を紹介します。

理由を明確にして断るようにする

 飲み会を断るとき、理由が曖昧だと幹事や仕事仲間も不信に思うでしょう。飲み会を断るときは、理由を明確にして断ることが人間関係を崩さないためにも必要です。理由ですが、必ずしも全てを明確に伝える必要はありません。理由があるということが重要なのです。

先に予定があるということを話す

 飲み会と言うのは、何も強制的に参加しなければならないものではありません。明確な予定や理由があれば、飲み会を断っても人間関係は維持できるのです。先に予定があるということを正直に話すことで、飲み会に参加しなくても人間関係は維持できるでしょう。

次回は参加することにする

 どうしても今回のみ外せない予定がある場合は、次の機会には必ず参加すると伝えることも上手な断り方の1つです。飲み会に参加できないことが残念だというニュアンスで断ることで、人間関係が崩れるようなことはなくなるのではないでしょうか。



 ここでは、ビジネスマンとして誘われる事が多い飲み会の断り方をお伝えしました。人間関係を壊さないようにするには、誘ってくれた相手の気持ちを尊重するという事がポイントです。正直に理由を話しつつも、次回の参加の意思を明確にすることで人間関係を維持することができるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する