1. 私的な利用はコンプライアンス違反! 会社支給の携帯電話の正しい使い方

私的な利用はコンプライアンス違反! 会社支給の携帯電話の正しい使い方

by Johan Larsson
 ビジネスマンの中には、会社でスマートフォンや携帯電話を持たされているという方も多いのではないでしょうか。会社で支給された電話は、使い方に配慮をしないとコンプライアンス違反になりかねません。ここでは、コンプライアンス違反にならないような会社の電話の使い方を紹介します。

会社の用事にのみ利用する

 会社の規則により、私用で社内のものを利用してはならないと定める企業が多いです。そのため、会社で支給された携帯電話も、会社での用事にのみ利用することが求められるでしょう。業務中は取引先への連絡などに利用し、休日は緊急連絡時に利用するようにしましょう。

休日でも会社の携帯電話を私用で使うことはNG

 それでは、休日の私的な携帯電話の利用はどうでしょうか。休日であっても、携帯電話の料金を支払っているのは会社です。そのため、会社の携帯電話を私用で使うのはNGです。

プライベート用の携帯電話を持つことを推奨

 会社の携帯電話は、あくまでも業務のために利用するものです。ビジネスマンであれば、プライベート用の携帯電話を別に持つことをおすすめします。こうしたほうが、業務の時間は集中して作業をすることができますし、コンプライアンス違反になることも避けられるでしょう。


 ここでは、会社支給の携帯電話を利用するときの使い方のマナーを紹介しました。会社の携帯電話は、規則で定められている場合、私用で利用してはいけません。公私混同した電話の使用をしないように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する