1. 相手への配慮を心がけることが最重要! 取引先への依頼のビジネスメールの書き方

相手への配慮を心がけることが最重要! 取引先への依頼のビジネスメールの書き方

by psd
 ビジネスでのコミュニケーションツールとして用いいられるのがメールです。ビジネスメールでは丁寧な対応と言葉遣いを求められますが、特に依頼をするときは相手への配慮が重要になります。ここでは、相手に依頼をするときのビジネスメールの書き方を紹介します。

依頼だということをわかりやすく示す

 まず最初に重要なのが、相手に依頼のビジネスメールだということをわかりやすく示すということです。タイトルでは、「○○のご依頼」という形にすることで相手に依頼だということを示すことが出来ます。【要返信】という形で返信をするように促すのも効果的でしょう。

丁寧な文章を心がける

 次に、依頼をする文を書く時は、「お手数ですが、○○を早急にやっていただきたく存じます」など、謙虚な姿勢を忘れないようにしましょう。上から物を依頼したビジネスメールの書き方は、相手の気分を害してしまいます。あくまでも、依頼する側として腰の低い文を意識して書くようにしましょう。

返信や回答の期限を設ける

 返信や回答の期限を設けるということも重要です。相手にとっても仕事の兼ね合いがあり、スケジュールを決めておかないと対応が後回しにされてしまいます。期限を設け回答を待つようにしたほうが、依頼をたとえ断られることがあったとしても、次の依頼へスムーズに繋がりやすいのではないでしょうか。


 
 ここでは、相手に依頼をするときのビジネスメールの書き方を紹介しました。依頼のメールでは相手に日時や返信の必要性を明確に示し、そして、なるべく丁寧な文章でお願いする意識をもって、ビジネスメールを書くことが重要です。是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する