1. 早くて質の高い仕事をするための考え方『100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる』

早くて質の高い仕事をするための考え方『100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる』

by Leonid Mamchenkov
 仕事で大きな成功を収めようと、様々なスキルを習得することは大切です。しかし本当に大切なのは、 「早くて質の高い仕事をする」ための考え方。それが間違っていては、いくら豊富なビジネススキルを習得したところでムダになってしまいます。 『100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる』という本が、どんなスキルよりも重要な、仕事で素早く大きな成果を挙げるための考え方を教えてくれます。

 早くて質の高い仕事をするためには、たった1つの考え方を持つことだと著者は述べています。それは 「目的」を持ち、そこに 「フォーカス」すること。これに関して、この本ではドラッカーのある言葉を引用しています。

知識労働では、重要なことは仕事の目的である。これこそ、肉体労働の生産性向上のための条件とは、まさに正反対である。肉体労働では、重要なことは仕事の方法である

出典: 高橋 政史 (2013) 『100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる』
 これまでの仕事術では仕事の「方法」にフォーカスしていましたが、それは肉体労働の考え方を引きずったものだったのです。では仕事の「目的」にフォーカスしていくためには、どうすればいいのでしょう?著者は次のような ステップを踏むと良いとしています。

◆仕事のGPS
G(Goal):目標。どこに向かうのか
P(Points):目標達成のためのポイントは何か
S(Steps):どんな手順(ステップ)で実現するか

出典: 高橋 政史 (2013) 『100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる』

 車のカーナビにあるGPSが目的地までの最短ルートを導き出すように、早くて質の高い仕事をするにも「仕事のGPS」が必要なのです。 「どこにゴールを置くのか」という明確な目標がなければ、闇雲にスキルを身に付けてもその努力は意味のないものに。逆にハッキリと目標が定まれば、本当に必要なスキルが何なのか見えてくることでしょう。

 この本では、早く質の高い仕事をしていくために必要な考え方を学ぶことができます。スキルありきではなく、目的を定めてから逆算してプロセスをイメージすることが大切なようですね。スキルはあるのに上手く仕事に活かせない…という人は、仕事における「目的」は何なのか、一度考えてみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する