1. 落ち込むような失敗…。メンタルを強く持って次の仕事に生かすようにしよう!

落ち込むような失敗…。メンタルを強く持って次の仕事に生かすようにしよう!

by amboo who?
 仕事でミスをしてしまったとき、落ち込んでしまうという方も多いのではないでしょうか?落ち込むことは、仕事の能率の低下に繋がってしまいます。そのため、しっかりと次の仕事への切り替えをすることが重要です。ここでは、仕事で失敗して挫折しそうになったときや落ち込むような仕事の失敗をしてしまったときの、次の仕事への切り替え方について見ていきましょう。

失敗をプラスにとらえる

 まずは、失敗をすることをプラスにとらえることが重要になります。失敗をするということは、成功する見込みもあるんだ、というようなプラス思考で失敗をとらえることで、失敗を楽観視することができ、すぐに落ち込むような状態から回復できるでしょう。

落ち込む状態がムダだと自覚する

 失敗をした時に1番やってはいけないのは、関係のない作業や業務にも支障をきたすようなことです。失敗をしたときに、落ち込む状態が1番ムダな時間だということをまずは自覚し、落ち込む時間を短くしようと心の持ちようを変えることも重要になるでしょう。

次はどうすればよいかを考える

 落胆していたり、挫折感を感じている暇があったら、次の策を考えるほうが前向きな考えでしょう。なんでミスをしてしまったんだというより、ミスをしないためにどうすれば良いのか、どうすれば今後は改善できるのかを考えましょう。失敗はだれにでもあることです。失敗を次に生かし、次こそは失敗をしないようにするという意気込みを持ちましょう。

 ここでは、仕事で落ち込むような失敗をしてしまったときの気持ちの切り替え方を紹介しました。失敗を悔やむことよりも、その後の対応が重要なのです。しっかりと、気持ちを切り替えて次の仕事に臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する