1. 清潔感第一!社会人たるもの、ビジネスマナーとして服装には気を付けよう

清潔感第一!社会人たるもの、ビジネスマナーとして服装には気を付けよう

by PinkMoose
 ビジネスマナーとして重要なことの中に、服装のマナーがあります。服装にしっかりと気を遣わないと、マナー違反ですし、周囲からの評価も下がってしまいます。ここでは、社会人としての服装のマナーを紹介します。

その業界に適した服装をする

 社会人として企業に属しているとしても、その業界によって、服装のビジネスマナーというのは変わってきます。例えば社会人が普段着るべきスーツ一つをとっても、業界が違えば求められるスーツの服装というものも変わってくるでしょう。もちろん社外の人に会うときは服装に気を遣う必要がありますが、社内に要る時でも、自分の身なりを服装が表していることを忘れないで下さい。

きちんと手入れをした服装をする

 社会人として、更に出社時の最低限守るべき服装のマナーの一つとして、服装の手入れをきちんするという事があります。朝からしわくちゃのスーツや服装というのはだらしない印象を与え、社会人の服装としては失格です。まずはきちんとアイロンをかけたり、シワが寄っていないシャツやスーツを着るようにしましょう。その他、清潔感がないような服装もNGです。例えばシャツの襟首が汚れていたりボタンが取れているようでは、社会人としてはふさわしい服装とはいえないでしょう。

 こういった服装のだらし無さは単に不愉快というだけでなく、信頼を失い仕事上にも悪い影響が出る事もありますので、普段から自分の服装をよくチェックして、だらしない服装をしないように心がけるべきでしょう。

TPOを考えた服装をする

 出社時に気をつけたいのは、TPOを考えた服装であるかという事です。例えば真夏に出社する場合、いくら暑いからといってもあまりにラフだったり薄着であったりするのは、社会人としての服装では、守るべきビジネスマナーに反しているといえるでしょう。仕事をする上で、服装に問題はないかという点に注意して、出社時の服装を考えましょう。



 ここでは、社会人として最低限守るべき出社時の服装のビジネスマナーについてお伝えしました。清潔感がある服装を心がけ、きちんと自分のステータスや勤務内容によって服装に気を遣うことがマナーです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する