1. 接待を受ける人がもらって嬉しいものを!接待をするときの、先方へ贈る手土産の選び方

接待を受ける人がもらって嬉しいものを!接待をするときの、先方へ贈る手土産の選び方

by lovesx-70
 仕事をしていると、取引先との接待で手土産が必要な場合がありますよね。手土産を持参すると、取引先の方が会社に持ち帰ったときに、特に女性の方々に喜ばれますので、社内の雰囲気がとてもよくなることでしょう。ここでは、取引先との潤滑油としての役割を果たす手土産の注意点を紹介します。

名前が知られているものを選ぶ

 接待などのちょっと気を使う場面では、ブランド物の商品を手土産に選ぶとよいでしょう。ブランド物であれば、もらう側も、どのようなものかわかりやすく、また、あげる側も自分でどのようなものかを把握することができます。手土産で重要なのは、誰がもらっても嬉しいものだということです。王道を外さないような工夫をしましょう。

包装が分かれているものが手土産として最適

 手土産は、特定の人に渡すものではなく、会社で食べられるものを渡すのが一般的です。誰かに切り分けてもらう手間を取らせないように、個装のものを選びましょう。仕事中に飲んだり食べたりできるもので、パクっと一口で食べられるものがおすすめです。

値段は手頃感ともらった嬉しさのバランスを考えて

 手土産は、接待の前日までに購入しておきましょう。相手の役職や立場にもりますが、4000円位が妥当な金額です。相手が恐縮してしまわないように、あまりにも高価すぎる手土産は控えましょう。また、大きい物や重い物は、持ち運びに困りますのでNGです。


 ここでは、接待の際に用意する手土産の選び方を紹介しました。取引先など、大切な相手にしっかりと感謝の気持ちを表すためにも、手土産という心配りは重要になります。是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する