1. 「返信の返信」は必要?ビジネスメールのやりとりの中で気をつけるべきビジネスマナー

「返信の返信」は必要?ビジネスメールのやりとりの中で気をつけるべきビジネスマナー

by Rd. Vortex
 ビジネスメールのやりとりの中では、返信の返信という形でメールを送る場面もありますよね。その際、しっかりとルールやマナーに気をつけてメールは遅れているでしょうか。ここでは、ビジネスメールの「返信の返信」に関するマナーを紹介します。

タイトルは「Re:」のままでいいのか?

 ビジネス相手から来たメールを返信する場合に、件名を自分で変更しないと、返信ボタンを押した段階ではタイトルが「Re:」になります。

 そのまま返すと失礼にあたるかといえば、実はそうでもありません。どのような用件で話していたのかが素早くわかるため、ビジネスでは都合がいいのです。

 ただし、メールの件名を変えなければならない場合もあります。それは、メールの返信の返信をするときに、次の話題へと話が転換するときです。とくに、長いプロジェクトの間のやりとりでは、話題が変わる場合も大いにありますので、気をつけるべきでしょう。

「Re:」の乱用に気を付ける。

 同じ案件に関してであっても、あまり何度もやり取りが、続いて、件名が「Re:Re:Re:Re:Re:○○資料の件」などとなってしまっては見にくいですし結局どのような用件かわからなくなってしまいます。「Re:○○資料の件(5)」というように数字を振る返信の仕方をすると親切でしょう。

返信をすべきか?しないべきか?

 返信の返信をするときに考えてしまうのが、感謝の気持ちを伝えるのみのメールに、返信をする必要があるのか?ということです。現在では、感謝の言葉だけのメールは不要だという意見が多く、それ以上新しい用件がない場合は、メールをを返さなくてもよいというのがビジネスマナーとして定着しつつあります。

 ただ、注意したいのは「返信は不要です」とメールに記載されていた場合。たとえそう書かれていても、自分で返信の必要があると判断した場合はメールを返さないと、かえってマナー違反となる場合もあるようなので気を付けましょう。



 ここでは、返信の返信をするときのビジネスメールのマナーを紹介しました。返信1つを取っても様々なマナーがあります。しっかりと自分の中でマナーを押さえ、ビジネスメールとして恥ずかしくない対応をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する