1. 感謝の気持ちを十二分に込める! 取引先へのお礼状を出すときの文章の書き方

感謝の気持ちを十二分に込める! 取引先へのお礼状を出すときの文章の書き方

by psd
 ビジネスシーンで営業や取引先からお歳暮が贈られたときに出すのがお礼状です。お礼状を書くときは、誠意を持って相手への感謝の気持ちを伝えられるようにしたいもの。ここでは、好印象を持たれるビジネスシーンでのお礼状の書き方についてご紹介します。

お礼状はすぐに出すことが大切

 お礼状は言わば、あなたの印象を良くするための「相手への感謝の気持ちの表現」。ですから、お礼状を出そうと思ったら、すぐに書き始めることが大切です。優秀な営業マンほど、こまめにお礼状を出しているもの。相手との距離もぐっと縮めることができますので、是非忘れずに、迅速に出すべきです。

 また、お礼状をすぐに書くことができるように、前もって、お礼状を書くための用紙や封筒を一式揃えて机の中に入れておくようにしましょう。

お礼状の基本的な書き方

 お礼状では、まず挨拶、そして、事項の挨拶を書きます。その後、相手の近況を尋ねるような言葉をいれてから、本題に入りましょう。

 本題では、してくれたことへのお礼と感想を書きます。この部分は重要となりますので、特に丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

 そして最後ですが、結びの挨拶を書きます。これらが基本的なお礼状の書き方です。

丁寧なお礼状を目指すなら文章を読み返すようにしよう

 お礼状は、相手への感謝を示す大切なビジネスレターの一つです。書き方一つで相手への印象が大きく変わります。そのため、誤字脱字はもちろんですが、それ以上に言葉遣いやビジネスマナーとしておかしな部分がないかのチェックを、文章を読み返すことで行うようにしましょう。



 このようにお礼状は、ビジネスシーンにおいてとても大切なビジネスレターとなります。ただ、あくまで簡易的に感謝の気持ちを示すときい使うものなので、大切な場面では先方へ伺って感謝を表したいものですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する