1. 状況によって謝罪の言葉は違う!「すみませんでした」の正しい使い方

状況によって謝罪の言葉は違う!「すみませんでした」の正しい使い方

by 妘
 ビジネスシーンでは、必ず、謝らなければならない時がでてくることでしょう。そんなときに、「すみませんでした」と言う言葉がふさわしい場合と、「すみませんでした」の代わりに別の言葉を使わなければならない時があります。今回は「すみませんでした」の使い方について考えてみましょう。

「すみませんでした」「申し訳ありません」「ごめんなさい」の違い

 まず、「ごめんなさい」という言葉は相手に許しを求めるときに使います。そのため、ビジネスで使ってしまうとマナー違反になってしまいます。次に謝罪の重さが高いのが、「すみませんでした」という言葉です。これは、謝るだけでは済まないことをしてしまったという意味があるので、ごめんなさいより、より謝罪のムードが高まります。そして、「申し訳ありません」というのは、特にビジネスにおいて使うべきで、もっとも高い謝罪の言葉になります。

「すみませんでした」を使うべき時

 ビジネスにおける、すみませんでしたの使うべきシーンをしては、それほど重くはない謝罪のシーンです。例えば、ミスとは言えないけれども、相手に迷惑や負担をかけてしまった場合などは、「すみませんでした」が適切でしょう。

「すみませんでした」ではNGとされることもある場合

 ミスをしてしまった時、重大な過失があった場合は、「すみませんでした」ではNGの場合もあります。たとえば取引先に謝る際には、心からの謝罪の気持ちが伝わるような謝罪の言葉を述べなければなりません。この場合は、、「申し訳ありませんでした」という言葉が適切になります。


 ここでは、「すみませんでした」という言葉の正しい使い方を紹介しました。重大なミスや過失では、「すみませんでした」では済まされない場合がありますので、注意して言葉遣いを直しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する