1. ちょっとした工夫で読んだ人が中身を読みたくなる!ビジネスメールの件名の書き方

ちょっとした工夫で読んだ人が中身を読みたくなる!ビジネスメールの件名の書き方

by dan taylor
 ビジネスメールを出すとき、1番気を遣わなくてはならないのは件名ではないでしょうか?件名がしっかりと付けられていないと、相手はメールを読むことすらしない場合があります。ここでは、相手に読む気を持たせるためにビジネスメールの件名の付け方を紹介します。

内容を簡潔に件名に示す

 まず大切なのが、内容が件名を見るだけである程度わかるということです。「お知らせ」「○○の件」というメールのタイトルでは相手もどのようなメールかはわかりません。しっかりと内容を示すようにしましょう。

相手へどのような行動をして欲しいのかを書く

 相手にどのような行動をして欲しいのかを書くこともテクニックの1つです。「◯月◯日の会議出席のお願い」などというふうに、相手にどのような要求をするのかをタイトルに織り込むといいでしょう。「【要返信】」のようにしておくのも同じ効果が得られます。

文字数はなるべく少なくする

 文字数が多いと、メールのソフトによっては、途中が省略されてしまう場合がありますし、また、タイトルを読むだけでも苦労してしまうと相手は感じてしまうでしょう。具体的に簡潔なタイトルを心がけることで、件名は短くまとめましょう。


 ここでは相手に読む気を持たせるためのメールのタイトルの付け方を紹介しました。メールのタイトルを具体的かつ簡潔にすることで、より開封してもらえる確率も高まります。是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する