1. スムーズな連携のためには不可欠! 社内での共有を手助けする社内文書の書き方

スムーズな連携のためには不可欠! 社内での共有を手助けする社内文書の書き方

by CarbonNYC

 ビジネス文書には大きく分けて2種類あり、社外文書と社内文書があります。社内文書は会社の中での文書となりますが、マナーを守り、読みやすい文書を作ることが求められるでしょう。ここでは、社内文書の書き方について紹介します。

文書の書き方はフォーマットに合わせる

 社内文書の書き方ですが、基本的には社内で共通のフォーマットで書くように指示されるかと思います。会社でフォーマットがある場合は、しっかりとその書式にのっとって書くのが、まず求められる書き方のルールと言えるでしょう。

最低限の敬意と読みやすさを重視する

 社内とはいえ、社内文書はオフィシャルの文章です。しっかりとマナー面を押さえた言葉遣いをして、最低限の敬意は払うようにしましょう。そして、何よりも大切なのが文書の読みやすさです。文書には簡潔に決定事項などをまとめ、読みやすくすることが必要になるでしょう。

セキリュティ面に気を使って文書を作る

 セキリュティ面についても、社内文書の書き方として気を付けなければならない点があります。それは、その文書が社外秘のものなのか、それともオープンに公開しても良い文書なのかということ。これは、上司の確認も取り、必要に応じて厳重に管理する必要があります。情報の漏洩等を防ぐためにもしっかりと意識を持ちましょう。


 ここでは、社内文書の書き方を紹介しました。しっかりとした社内文書を作ることは、社内での共有や連携をスムーズにすることに繋がります。しっかりと社内文書の書き方をマスターしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する