1. 尊敬語・謙譲語どう使う? ビジネスシーンでの正しい敬語の使い分け方

尊敬語・謙譲語どう使う? ビジネスシーンでの正しい敬語の使い分け方

by MDGovpics
 社会人になると、ビジネスにおいて敬語で話すのは当たり前のことです。きちんとした言葉遣いで話すことが必要になるでしょう。ここでは、ビジネスにおける敬語の使い方についてご紹介します。

敬語の種類を理解することが重要

 敬語の種類は、大きく分けて3つあります。目上の人に使う「尊敬語」、目上の人に対して、へりくだって話す「謙譲語」、物事を丁寧に話す「丁寧語」があります。中でも尊敬語と謙譲語が、ビジネスにおいて特に使われるものであり、使い分けにくい敬語です。尊敬語は目上の人がすることに使い、謙譲語は自分のすることに使うとおぼえておきましょう。

社内では上司や先輩に尊敬語を使う

 社内でのコミュニケーションに敬語を使う場合、自分には謙譲語、上司や先輩社員には尊敬語を使いましょう。礼儀として敬語を使うことが必要な場合もあり、「社内だから」と敬語を使わないような言葉遣いをしてしまうと、コミュニケーションに隔たりが出てしまう恐れがありますので注意しましょう。

社外では取引先には尊敬語、社内は全員謙譲語

 社外で敬語を使う場合、少し原則が変わってきます。取引先や社外で対応する人には尊敬語を使用し、自分の会社の人には謙譲語を使いましょう。よく社外でも上司に尊敬語を使用してしまう人がいますが、これは間違いです。注意して敬語を使いましょう。


 ここではビジネスシーンでの敬語の使い分けについて紹介しました。意識していないと、うまく敬語が使えないという場合もあります。頭の片隅にでも置いておき、しっかりとした使い方ができるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する