1. 間違いやすいので要注意! ビジネスマナーとして押さえておきたい紹介の順序

間違いやすいので要注意! ビジネスマナーとして押さえておきたい紹介の順序

by Cydcor
 仕事で打ち合わせをするときや会社訪問をするとき、気をつけるべきこととして挙げられるのが、紹介の順番です。社内の人物を相手に紹介するとき、順番に気をつけないと相手に失礼となる場合があるので注意しましょう。ここでは、紹介の順序のビジネスマナーを紹介します。

自分を一番最初に紹介する

 まず1番大切なのは自分自身の自己紹介です。最初に自社と取引先の両者に自分を紹介しましょう。そうすることで、その場にいる人全員に敬意を示すことができます。まずは自分の紹介を軽く行うことを覚えておきましょう。

間違いやすい紹介の順序、ここさえ覚えておけば完璧

 紹介の基本は、「立てたい人を最後にする」ことです。紹介の順序は「社内・目下の人から社外・目上の人」となります。立場が上の人に、出席している人物を先に知ってもらうのです。よく間違えるのが、1番最初に目上の人を紹介してしまうことです。実は、ビジネスマナーでは目下のものから紹介をするのが正しいマナーなので気を付けましょう。

同じ役職の人がいる場合は、年齢が若い順に紹介

 同じ役職の人が複数いる場合は、紹介するのは年齢が若い順となります。基本的なルールとして、「目下の者から紹介する」ということを覚えておけば、この部分の対応も簡単にできるはずです。しっかりと紹介は目下からという原則を覚えていきましょう。


 ここでは、取引先の方に自社の社員を紹介するときの正しい順序を紹介しました。ビジネスマナーとして、「目下から紹介」と覚えておくといいでしょう。是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する