1. 【年末年始のビジネスマナー】取引先への挨拶回りをするときに気をつけたいこと

【年末年始のビジネスマナー】取引先への挨拶回りをするときに気をつけたいこと

by *Sally M*
 ビジネスでは、営業先や取引先との関係を構築することも重要なことです。年末年始の挨拶回りなどで良好な関係を築いていくことがビジネスの成功に繋がります。ここでは、年末年始の挨拶回りの時に気をつけるべきことを紹介します。

事前に上司の確認を取ること

 年末年始の挨拶回りは普段の挨拶回りとは違い、上司にも帯同してもらうことが一般的です。そのため、自分と責任者の上司の日程を、連絡を取り合いながらしっかりと合わせて決めていく必要があるでしょう。

営業日の確認を怠らずに行う

 年末年始は、会社の営業日の確認をしなければなりません。先方の年末年始の営業日は事前に確認できるのであれば、しっかりと確認を取るべきです。また、年末年始は会社によって忙しい場合もあります。時間やタイミングなども、相手にあわせて決めるべきでしょう。

挨拶だけでおわらない工夫を

 営業の心得として、「相手の困っていることを聞き出す」というものがあります。これは年末年始の挨拶でも同様です。挨拶だけではなく、今後の取引先の動向や来年の取り組みなどの確認も同時に行うことができると、よりよい年末年始の挨拶になるでしょう。


 ここでは、年末年始の挨拶で気をつけたいことを紹介しました。年末年始の挨拶は礼儀であり、新たなビジネスチャンスの一つでもあります。しっかりと取り組み、翌年のビジネスにつなげていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する