1. 接待時の基本的なビジネスマナー!来客時にまず押さえておきたい席次のマナー

接待時の基本的なビジネスマナー!来客時にまず押さえておきたい席次のマナー

by jblyberg
 会社に来客があって接待をするときには、ビジネスマナーに細心の注意を払う必要があります。接待で失礼の無いように、席次のマナーは特に押さえておくべきではないでしょうか?ここでは、来客時の接待におけるビジネスマナーとして、席次を紹介します。

応接室における席次のビジネスマナー

 応接室では、基本的にドアから離れた場所が1番上座となります。もし来客された方を案内する場合、ドアから1番遠い位置に座るよう案内するのがベストと言えるでしょう。また、応接室に椅子が複数あり、6人以上が入室する場合は、真ん中の座席が1番上座となるので注意しましょう。

会議室における席次のビジネスマナー

 会議室の席次では、応接室とは少し異なってきます。ただ原則としてドアから離れた席が1番上座になるという点は同様です。しかし、会議をする場合においては議長の近くが上座となるのです。来客された方がどのような用事で来たのかを確認し、臨機応変に対応しましょう。


 ここでは来客時の接客の応対として、席次のビジネスマナーを紹介しました。このマナーを押さえることで、その他様々な気配りや配慮をする余裕も生まれてくるでしょう。しっかりと覚えて接客時に生かしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する