1. 仕事で失敗……。冷静で迅速な報告と、誠意ある適切なビジネスマナーがその後を左右する!

仕事で失敗……。冷静で迅速な報告と、誠意ある適切なビジネスマナーがその後を左右する!

by hans.gerwitz
 仕事において、どれだけ注意を払っても失敗をしてしまうという事はあるでしょう。失敗は職場や会社に対してデメリットを与えてしまうことになります。そういう時には、どのように報告するのが大切なのでしょうか。ここでは、仕事の失敗を報告する時のビジネスマナーを紹介します。

できるだけ早く報告する

 仕事での失敗を報告する時に重要なのは、できるだけ早くそれを伝える事です。誰でもミスの報告は気が引けます。しかし、時間が経てば経つほど報告しにくくなりますし、さらに会社の方で手を打つにしても、対処の手段が少なくなって後手に回ってしまいます。

 失敗してしまった時は、何よりもまず速やかに報告をして、場合によっては会社の指示を仰ぐようにする事が大切です。ミスの後の、迅速な対応が重要になりますので、しっかりと心掛けましょう。

失敗を分かりやすく簡潔に報告する

 ミスの内容を会社や上司に分かりやすく簡潔に伝えるという事は非常に重要であり、ビジネスマナーと言えるでしょう。上司は失敗してしまった内容と、それに至るまでの経緯を把握したいと思っているので、事実と異なった内容での報告は絶対にしてはいけません。言い訳などをせず、冷静な報告をすることで、ミスを取り返すチャンスも出てくるでしょう。

謝罪の言葉を述べる

 失敗に対しては、もちろん謝罪の言葉が必要です。失敗の経緯などを報告した後は、しっかりと誠意を持って謝るようにしましょう。マナーとして、そしてビジネスマンとして、しっかりと謝罪することが重要なのです。



 仕事での失敗は、誰だってしたくはありません。しかし、どんなに注意しても失敗してしまう可能性はゼロにはなりません。ミスをした時は、事実を受け止めて報告やお詫びを迅速に行うことが何より大切でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する