1. これからはIQよりも『BQ』の時代!成果に繋がる、ビジネス感度の磨き方

これからはIQよりも『BQ』の時代!成果に繋がる、ビジネス感度の磨き方

by Cristóbal Cobo Romaní
 学生の頃までは、頭の良さ、通称「IQ」が注目されがちでした。しかしビジネスの世界では、IQが高いだけでは成功できないのです!これからのビジネススキルに求められるのは「BQ」と呼ばれる要素。『BQ〜次代を生き抜く新しい能力〜』という本が、ビジネスで成功するためのBQの高め方を教えてくれます。

 そもそもBQとはBusiness Quotientの略で、ビジネスにおける感度の高さを表す指標だそうです。人間には論理的思考能力・地力を表す「IQ」、コミュニケーション・対人間関係能力を表す「EQ」、感受能力やひらめき、観察力などを表す「SQ」と呼ばれる様々な要素がありますが、BQはこれらの要素の掛け算により構成されるもの。これまで3要素の中で重視されてきたのは、知性と理性・人間性でした。工業社会や知識・情報社会で求められたのは、高品質で便利な製品やサービス。それらを生み出すには、計算機のようなアタマの良さや、チームで協力して働くための人間性が必要だったのです。
 
 しかしモノやサービスで溢れかえった現代社会が求めているのは、性能が優れたものや便利なものではなく、感性に訴えかけてくるもの。そしてこれからのビジネスで成功するのは、感性を中心としたBQの高い人なのです。BQの高い人は、知識や経験をベースにし、鋭い感性によって「知恵」を生み出すことができます。その知恵を新しい「価値」や「富」へと変えていくのです。

 ではどのようにしてBQは鍛えられるのでしょう?著者が挙げる方法の1つは「経験記憶ネットワークが形成される社会人5年目くらいまでに経験を積む」。その理由について次のように言っています。

経験記憶同士をつなぐシナプスと呼ばれる神経細胞のネットワークができるのは、一八~二七歳がピーク

出典:林野 宏 (2012) 『BQ』

 若いうちに様々な経験を積むことが、BQを高める秘訣。しかしその経験というのは、楽しいものばかりではありません。自分の苦手とすること、辛いことなどにもチャレンジし感性を高める必要があります。ネガティブな要素をいかに魅力的なものに変えていけるか、ということもBQの向上には大いに効果的でしょう。

 この本では、現代社会で求められるビジネススキル、BQの磨き方について学ぶことができます。これからは頭の良さだけでなく、ビジネスの感性で勝負する時代。仕事で成功を収めたければ、この本からその感性の磨き方を学んでみませんか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する