1. 【ビジネスシーンでの謝まり方】相手に誠意を伝えるための3つのポイント

【ビジネスシーンでの謝まり方】相手に誠意を伝えるための3つのポイント

by thebittenword.com
 ミスやトラブル、あるいは思わぬ行き違いから、社内・社外の関係者に謝罪しなければならないシーンがビジネスにはたびたび起こります。その時、どのような謝り方をすれば相手に誠意が伝わり、事態を収拾することができるのか。ここでは、ビジネスでの謝り方のポイントをお話ししましょう。

1. 誠意を伝えるツールは「目」「姿勢」「言葉」

 誠意を伝えるためのツールは「目」と「姿勢」と「言葉」です。言葉についてはあらためて説明する必要もないでしょう。多くの人は「どのように話をしたら、誠意が伝わるか」をまず考えるはずです。

 しかし、言葉と同様、あるいは言葉以上に大切な役割を担っているのが「目」と「姿勢」なのです。まず、謝罪する相手と対面したら、直立不動の姿勢を取りましょう。これが基本中の基本です。また、相手と目を合わせるのも大原則。しっかりと相手の目を見つめ、背筋をピンと伸ばして深々と一礼する。これが、謝罪の際に最初にすべきことです。

2. 簡潔に謝罪の言葉を述べ、相手に聞かれてから事情説明する

 深く一礼したら、まずは謝罪の言葉を述べましょう。「この度は私の手違いにより大変なご迷惑をおかけいたしました、大変申し訳ございません」と謝罪するのです。

 そして、簡潔に事情を説明しましょう。ポイントは、謝罪の言葉のあと、すぐに自分から事情説明をしないこと。こちらはひたすら頭を下げ、相手から求められて初めて「実は・・・」と説明することで、誠意の伝わりやすい謝罪となるのです。

3. ミスに対しての改善策や今後どうするのかを示す

 誠意を見せるためには、ただ謝罪をするだけでは不十分です。必ず、善後策、改善策をはっきりと示しましょう。今後、二度と同じような事態を起こさないために、具体的にどのような方策を講じていくのかをきちんと伝えるのです。

 ビジネスで重要なのは、ミスをすることよりもミスをどのようにして挽回するのかということです。しっかりと挽回できるような策を提示するようにしましょう。


 以上、ビジネスシーンにおける、基本的な謝罪のポイントについて説明しました。ビジネスシーンで謝るときは、ぜひここで紹介した内容を押さえることで、誠意ある対応をするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する