1. 外見はビジネスマンの印象を大きく左右する! 最低限気をつけるべき身だしなみのマナー

外見はビジネスマンの印象を大きく左右する! 最低限気をつけるべき身だしなみのマナー

by ElizaPeyton
身だしなみを整えておくという事は、ビジネスマンとして当たり前のマナーとなります。その業界によって、身だしなみの基準にはある程度の違いがありますが、自分が働く業界や職場の基準というものをしっかり把握して、守っていく事が大切なのです。ここでは、ビジネスマンとして最低限整えておくべき、身だしなみのマナーについてお伝えしたいと思います。

ビジネスマナーとして清潔感は最重要

 身だしなみにおけるビジネスマンの最低限のマナーとして、まず挙げられるのが清潔であるという事。きちんと洗濯してアイロンをかけたシャツを着る事や靴などもしっかりと磨くような姿勢が、マナーとして求められるでしょう。

 だらしない格好をしているビジネスマンは、仕事ができないという印象を与え、さらには不快感を与えてしまい場合もあります。清潔で手入れを怠っていない服装が、ビジネスマンとして最低限整えておくべき身だしなみのマナーといえるでしょう。

その仕事に合った服装をする

 その仕事や業界にあった服装を心がけるという事も、ビジネスマンのマナーといえるでしょう。着用する機会の多いスーツ一つをとっても、その業界によって好まれる色や柄が違ってきます。そのため自分の業界や、仕事に合わせたものを着ることで、取引先からの印象やイメージにも繋げることができるでしょう。スーツは仕事の小道具と考えて、仕事に効果的な物を選ぶのが、ビジネスマンとしての身だしなみのマナーでもあります。

キャリアにあった身だしなみを心がける

 ビジネスのマナーとして、自分のキャリアにあった身だしなみを心がけるという事があります。仕事にマッチしたスーツはもちろんですが、小物などもキャリアに合わせたものを選ぶようにしましょう。それなりのキャリアがある人が、取引先とのミーティングにおいて、安っぽい100円のボールペンや、明らかに何かの付録でもらったような手帳を使用しているようでは、ビジネスマンとしての身だしなみが整っているとは言い難いです。

 自分のキャリアにあった品を選んで身に付けるという事は、最低限必要なマナーといえるでしょう。



 以上、ビジネスマンとして整えておくべき、最低限の身だしなみのマナーについてお伝えしました。仕事に生かすという事が、一番のポイントとなります。仕事に合ったモノを身につけ、ビジネスにおいて良い結果を出していけるように行動しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する