1. 名刺交換はビジネスの基本!原則を押さえてマナーの守れるビジネスマンになろう

名刺交換はビジネスの基本!原則を押さえてマナーの守れるビジネスマンになろう

by Norio.NAKAYAMA
 ビジネスマンの基本的なマナーの1つとして名刺交換があるでしょう。名刺交換の時間はちょっとした数分の挨拶ですが、この挨拶の仕方によっては、イメ-ジが良くも悪くも変わる常識的なマナ-となります。では、どのような名刺交換が理想でしょうか。今回は、これだけは覚えておくと安心な、名刺交換のマナ-をお伝えしたいと思います。

まずは相手の顔を見て交換を申し出る

 ずっと名刺を見たまま受け取ることは、とても失礼なイメ-ジを与えます。相手から名刺を出されたら、まずは顔をきちんと拝見し、名前、部署名などを聞いてから名刺を受け取りましょう。名刺交換は挨拶なので、しっかり顔と名刺の両方を見る意識を常に持っていると好印象です。

名刺を受け取る時は両手で受け取る

 急いでいる場合でも、片手で受け取るのはとても失礼にあたります。必ず両手で受け取るように心がけましょう。受け取る前に頭を下げ、挨拶をしてから両手で受け取るととてもスマ-トに見えます。両手で受け取ったら、しっかりと名刺を見ましょう。

 
 たまたま、名刺を出したタイミングが同じだった場合は、お互いの名刺を片手通しで交換してもいいことになっています。その時は、右手で自分の名刺を渡し、相手の名刺を右手に持ち変えて、両手に持ち直してください。自分の名刺は相手より低めに渡し、もらった相手の名刺は少し高めに持つと好印象な渡し方になります。

 また、テーブル越しの名刺交換はマナー違反です。名刺交換をするときは、しっかりと相手の方へ歩み寄るようにしましょう。

相手の名前の読み仮名を必ず確認しましょう

 名刺交換が完了したら、相手の部署や名前、住所や電話番号などを目でさっと確認します。また、手書きのコメントやメッセ-ジなどが書かれている場合もあるので、そちらにもしっかりと目を通しておきましょう。

 名刺交換時に相手のプロフィールについて気になる点があれば、その時に確認してください。名前などは読みにくい場合もあるので、早めに確認を取っておくと、その後のコミュニケーションが円滑に進むのではないでしょうか。

もらった名刺はすぐしまわない

 名刺をいただいたら「頂戴いたします」と言って、名前や部署などを確認し、テ-ブルがあれば自分の目の前に置きましょう。立ちでの商談の時は、両手に持ったまま、名前を間違えないように確認しながら話します。すぐポケットに入れてしまうのは、大変失礼な行為にあたりますので注意してください。名刺は相手の顔だと思って大切に扱うようにしましょう。



 名刺交換は、挨拶と同様に重要なビジネスマナーとなります。しっかりと基本を押さえて、名刺交換でマナー違反をしないようなビジネスマンを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する