1. 全ての男性ビジネスパーソン必見!知っておくとちょっと得するスーツの着こなし5つのルール

全ての男性ビジネスパーソン必見!知っておくとちょっと得するスーツの着こなし5つのルール

出典:www.gentlemansgazette.com
 みなさんはしっかりスーツを着こなせていますか?せっかくサイズや色合いがピッタリ合っていても正しい着こなしができていなければ、一人前のビジネスパーソンとしてはちょっと恥ずかしいですよね。どうせなら正しい着こなしのルールを少しは知っておきたいもの。

 そこで、今回は知っておくとちょっと得するスーツの着こなし5つのルールを紹介していきます。

1.ワイシャツの中には何も着ない

出典:www.myntra.com
 ワイシャツはもともとそれ自体が下着の役割をしています。そのためインナーに下着などを着ることはNG。もちろん柄物のシャツやプリントTシャツをインナーに着るのは論外です。

2.ネクタイの長さはベルトに少し被るくらいに

出典:www.moss.co.uk
 ネクタイの長さは、ベルトに少し被るくらいにするのがスーツを着こなすときのルール。ネクタイは、長すぎるのも短すぎるのもNG。

3.左内ポケットを活用し腰ポケットは使わない

出典:www.pockets.co.uk
 スーツには基本的に左右のポケット、胸ポケット、胸の内ポケットが備わっています。しかし、着こなしのルール上使っていいのは左内ポケットのみです。

 例えば、左右のポケットに厚手の財布を入れてしまうと、そこだけ膨らんでいてスーツ姿が台無しに。もちろん胸ポケットにハンカチやスカーフを入れるのはアリ。

4.肩には1cmほどのゆとりを持たせる

出典:www.syahdiar.com
 スーツは肩で決まると言われるほど肩に合っているかどうかが重要。大きすぎるスーツはもちろんNGですが、余裕がなさすぎても背中にシワができるのでNGです。一番決まるのは、スーツの肩をつまんで1cmほどのゆとりを持ったせること。最も後ろ姿が美しく見えます。

5.パンツの裾は靴の甲にかかるくらいに

 パンツの裾は靴の甲にかかるくらいにするのが着こなしのルール。目安としては、歩いたときにソックスが少し見えるくらいがベストな長さです。


 知っておくとちょっと得するスーツの着こなし5つのルールを紹介してきました。正しい着こなし方を知るとこで、スーツ姿が決まって見えます。なによりビジネスパーソンとして間違ったスーツの着方は避けたいところですよね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する