1. 電話応対は「企業の顔」!しっかりと相手の話を聞き、マナーを守った言葉遣いを心がけよう

電話応対は「企業の顔」!しっかりと相手の話を聞き、マナーを守った言葉遣いを心がけよう

by Richard Stebbing
 ビジネスの電話対応は「社内の顔」とも言える大変重要なものです。取引先や営業の方との窓口として、そして、会社の代表としてしっかりとした態度で臨む必要があります。ここでは、ビジネスにおいて電話対応の基本となる心構えを紹介します。

誠実で丁寧な対応が電話対応のカギを握る

 ビジネススキルにはいろいろありますが、その中でも電話応対スキルは特に重要です。電話をかけた相手に、失礼がないように言葉を選び、丁寧な対応をすることが求められます。企業では1本の電話が大きなビジネスにつながることも。応対の一つ一つが、相手に印象を与えるので、相手を思いやる気持ちや、丁寧でマナーに沿った言葉遣いをまずは心がけるようにしましょう。

相手の声に耳を傾ける

 相手の話をしっかりと聞くことがビジネスの電話対応では必要不可欠です。社内の人間にかかってきた電話の場合、用件や、電話をかけてきた人の名前や社名をしっかりと聞き取る必要があります。また、営業やアポイントメントを取る電話の場合は、相手の話をしっかりと聞き、どのような内容なのかを的確に判断することが必要。ビジネスの電話では、話すことも重要ですが、それよりも、しっかりと相手の話に耳を傾けることを忘れないようにしましょう。


 ここでは、ビジネスにおける電話応対の基本を紹介しました。ビジネスにおいては、マナーとしてしっかりとした言葉遣いを心がけ、相手を思いやる気持ちを持つこと、そして、相手の話に耳を傾けることが重要となります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する