1. ビジネスメールの遅れ、どうやってなくす? 簡単にできる2つの方法

ビジネスメールの遅れ、どうやってなくす? 簡単にできる2つの方法

by mattwi1s0n
 メールのやり取りをしている時、クライアントとの様々な仕事が平行で進んでいて、ついうっかり重要なメールを見落としてしまうことも起きるでしょう。こうしたケアレスミスはビジネスマナーとして良くないですし、さらには信用を落としかねません。ここでは、ビジネスメールの返信遅れを防止できるような方法を2つ紹介します。

1. メールのチェック方法を変えてみる

 日頃から大量のビジネスメールをチェックする際には、見落としなどのミスが起きてしまわないよう、気を付けなければなりません。そのためにも、メールの仕分けをすることが大事です。重要なクライアントから飛んでくるビジネスメールは、専用のフォルダに保存して通知させることが返信の遅れの予防になります。

 宛先によってフォルダを分けたり、プロジェクトが進行中のクライアントのメールはフォルダを他のメールと区別したりしておくと見やすく、ミスも格段に減ります。

2. 目立つような工夫をしておく

 メールを読むときの見落としを防ぐ以外にも、返信や確認漏れがあってはマナーとしてよくありませんよね。フラグ機能を使うなど、メールが目立つ工夫をして返信忘れをなくしましょう。メールが来たら、まずは本文を読み、タスクのリストに返信や確認を追加しておくと、その後の作業の組み立ても簡単にできますし、返信忘れなどがなくなります。



 いかがでしたでしょうか。メールの見落としは、あってはならないマナー違反とされていますが、意外と起こってしまうものです。事前に対応を考え、ミスを減らすような工夫をしてビジネスマナーを守っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する