1. 「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽!

「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽!

「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 1番目の画像
出典:zozo.jp

 自転車通勤や電車通勤、どんな形でも通勤は疲れるもの。その解決策の一つとして、通勤バックをリュックに変えてみるのはいかがだろうか。

 賛否両論ある「スーツ×リュック」の是非とコーディネート方法、スーツに背負ってもおしゃれにキマるメンズリュックをチェックしてみよう。

目次
+ “スーツ×リュック”は、あり?なし?
    + + “スーツ×リュック”スタイルをカッコよくするには?
    + + デキるビジネスマンの“スーツ×リュックコーデ”
    + + 人気ブランドがおくる上品なスーツに似合うメンズリュック
    + + シンプルなデザインと高い機能性。スーツに合うメンズリュック
    + + 独特のデザインが注目を浴びるスーツに似合うメンズリュック
    + + どんなシーン、スーツにも合わせられるTUMIのリュック    
    + + 落ち着きと上品さを醸し出す上質レザー仕上げのスーツに似合うメンズリュック
    + おしゃれに出勤したい! IT・Web業界への転職なら「レバテック キャリア」

      “スーツ×リュック”は、あり?なし?

       スーツにリュックは、“あり”なのか“なし”なのか。これに関しては、正直意見は分かれてしまうだろう。

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 2番目の画像
      出典:zozo.jp

       街中を歩けば、圧倒的にブリーフケースを持ち歩いている人の方が多いのは確かだ。そのためスーツにリュックは、社会に受け入れられるとは言い切れない。

       しかし、最近ではスーツにリュック姿の人が増えてきているというのも事実なのだ。

       なぜならリュックは、収納力や両手があくという機能性はもちろんのこと、スタイリッシュでデキるメンズの雰囲気を演出することができるからだ。

       また、海外ではスーツにリュックのスタイルは当たり前で、むしろそっちの方がかっちりかつお洒落というイメージが強い。“あり”か“なし”かといったら、「あり」といえるだろう。

      “スーツ×リュック”スタイルをカッコよくするには?

      スーツスタイルに、“ポケットがたくさん付いている”リュックはNG!

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 3番目の画像
      出典:zozo.jp

       「物を入れて運ぶ」というカバン本来の役割を考えると、どうしても機能的な部分ばかりに目がいってしまう。

       たくさんポケットが付いているリュックは一見便利そうに見えるが、アウトドア用として優秀でもスーツに合わせるビジネスリュックとしてはNG。 

       写真のような、シンプルで洗練されたリュックを選ぶようにしよう。

      スーツスタイルに使うリュックは、“物を詰め込みすぎない”こと!

       かっこいいビジネスマンは、スーツスタイルがスタイリッシュであるべき。 

       そのため、どこか旅に行くのかと思わせてしまうほどに荷物をパンパンに詰めこむスーツ×リュック姿はやめよう。できるビジネスマンほど、荷物が少ないのが事実だ。

      デキるビジネスマンの“スーツ×リュックコーデ”

      スーツ×リュックコーデ #1:基本は“黒”

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 4番目の画像
      出典:zozo.jp

       スーツに合わせても間違い無いのが、黒のリュック。黒のリュックは、どんな色・形のスーツにも無理なくハマり、スタイリッシュなメンズを演出してくれる。

      スーツ×リュックコーデ #2:スーツスタイルを格上げするにはレザーリュック

       スーツスタイルをスタイリッシュかつ、洗練された印象に導いてくれる、レザーリュック。大人スタイルには欠かすことのできない、レザー素材をリュックに採用。 

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 5番目の画像
      出典:zozo.jp

       基本の黒はもちろん、茶色のレザーリュックで大人の渋さを演出するのもいい。また、アクセントに白のレザーリュックでスーツスタイルをシックに仕上げるのもいいだろう。

      ネイビースーツ×ワインレッドリュック。スタイリッシュに華やかさをアピール

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 6番目の画像
      出典:zozo.jp

       ネイビーとワインレッドの組み合わせは、カラーバランスを見ても非常に相性がいい。スーツスタイルでもお洒落かつ洗練された印象にまとまるのだ。 







      人気ブランドがおくる上品なスーツに似合うメンズリュック

      スーツに合うリュック①:YUKINOの2WAYブリーフケース

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 7番目の画像
      出典:zozo.jp

       YUKINO(ユキノ)のリュックは、シンプルで洗練されたデザインながら2wayという利便性の面でも優れたリュックだ。

       スーツスタイルに馴染むデザインはもちろん、大きく開くファスナーで資料やPCなどを楽に取り出すことができる。

       内側と外側にポケット収納を備えているYUKINOのリュックは、ビジネスシーンはもちろんプライベートの様々なシーンでも活躍してくれること間違いない。

      シンプルなデザインと高い機能性。スーツに合うメンズリュック

      スーツに合うリュック②:Incaseのガジェット対応リュック

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 8番目の画像
      出典:zozo.jp

       機能性とファッション性が両立された、Incase(インケース)のリュック。注目の理由は、MacBookやiPadなどの収納に適したデジタルガジェット対応のリュックという点にある。

       使い勝手が良いデザインと高いファッション性を持つIncaseのリュックは、目まぐるしく働く都会のスーツスタイルにピッタリ。 

      独特のデザインが注目を浴びるスーツに似合うメンズリュック

      スーツに合うリュック③:Cote&Cielのデザインリュック

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 9番目の画像
      出典:zozo.jp

       他では見ることのない独特のデザイン性を持つ、 Cote&Ciel(コートエシエル)のリュックは一目惚れをして購入する人が多いとのこと。


      独特な形状に目が行きがちでだが、デジタルガジェットに対応した収納力と長時間背負っていても疲れにくいフィット性も備えている。唯一無二のデザインも、スーツ×リュックの相性は◎。


       他とは少し違うデザインを探している方にはピッタリのリュックだ。







      どんなシーン、スーツにも合わせられるTUMIのリュック    

      スーツに合うリュック④:TUMIの多用途リュック

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 10番目の画像
      出典:zozo.jp

       「機能性」と「デザイン性」へのこだわりを持つ2つのブランド、TUMI(トゥミ)のリュック。

       機能性を追求したこちらのリュックは、フラップを開けるとドローストリング(引き紐)で開口部を締められるデザイン。スーツスタイルだけでなく、様々なシーンに合うデザインも魅力のひとつだ。

      落ち着きと上品さを醸し出す上質レザー仕上げのスーツに似合うメンズリュック

      スーツに合うリュック⑤:COACHの高品質レザーリュック

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 11番目の画像
      出典:zozo.jp

       ニューヨークで誕生し70年以上の歴史がある、COACH(コーチ)のレザーリュック。質感の良いレザーで作られたこちらはさすがの高級感がある。

       現代的な作りに仕上げられており、PCを収納するスペースがあるという工夫も。キャメルの革靴と揃えて、大人のリラックス通勤コーディネートもいいかもしれない。


       リュックというとカジュアルな印象もあるが、上品さを兼ね備えたスーツと合わせても違和感のないものがたくさんある。スーツ×リュックスタイルで通勤を少しラクに、そして、よりデキるビジネスマンになってみてはいかがだろうか。

      おしゃれに出勤したい! IT・Web業界への転職なら「レバテック キャリア」

      「スーツに背負ってもおしゃれにキマる」5つのメンズリュック:通勤はやっぱりリュックが楽! 12番目の画像

       Tシャツやサンダルでの出勤など、私服勤務を推奨する企業も増え、スーツを着るビジネスパーソンは以前に比べて減っている。

        IT、WebのSE・クリエイターに特化した転職エージェント「レバテック キャリア」では、「私服勤務がしたい」「年収を上げたい」「自分のスキルを活かしたい」などの希望に合わせて、エージェントがふさわしい求人を提供しくれるため、高確率でマッチングするのだ。

       IT、WebのSE・クリエイターに専門特化しているからこそ、一人ひとりの市場価値を上げ、高給与や内定高合格率を実現することができる

       仕事のときもカジュアルな格好でいたいという人は、まず「レバテック キャリア」無料会員登録をしてみてほしい。


      ▼スーツをかっこよく着こなすためのテクニックをチェック!

      ▼春のメンズファッション定番「マウンテンパーカー」着こなし術&おすすめブランド

      U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
      この記事を報告する