1. SNSに言葉はいらない!?欲しい写真だけを共有しあう新しいタイプの写真共有SNS「Povio」

SNSに言葉はいらない!?欲しい写真だけを共有しあう新しいタイプの写真共有SNS「Povio」

 みなさん写真共有SNSは使っていますか?「Instagram」をはじめとして様々な写真共有SNSがあります。そのほとんどは、ユーザーが好きなタイミングで投稿し、フォロワーのタイムラインに流れるというもの。当たり前になりすぎて、その仕組みに違和感を感じる人はいないと思います。

 ですが、今回ご紹介する写真共有SNS「 Povio」は、いままでの写真共有SNSの常識を覆す、新しいタイプのSNSでした。では、詳しく見ていきましょう。

欲しい写真だけを共有できるアプリ

 「Povio」はユーザーが好きなタイミングで写真を投稿するSNSではありません。ユーザーが欲しいと思った友人にリアルタイムで写真をリクエストするアプリなのです。

 友人にリクエストをするのに恥じらう必要はなく、 PINGというボタンをタップするだけ。 言葉は必要ありません。

近況を知りたい友達にPINGするだけ

 「最近あの人と会わないな〜」という人がいれば、友人リストから気軽にPINGしましょう。PINGを押すと、相手に写真をリクエストすることができます。

PINGを受け取った人はその場で撮影

 PINGを受け取った人は、アプリを開いてその場で写真を撮影します。 3秒間のタイマーで撮影しなければならず、ありのままの状況を写真で伝えることになります。

欲しい写真だけがタイムラインに

 友人から返ってきた欲しい写真だけがタイムラインに表示されます。その写真が面白ければNiceボタンをおしてリアクションを返せるのがいいですね。

 欲しい写真を互いに共有しあう新しいタイプの写真共有SNS「Povio」。FacebookアカウントやGoogleアカウントなどを既に持っていれば、すぐに始められるので気になった方は利用してみては?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する