1. 政府が推進する在宅勤務(テレワーク)の目的とデメリットとは?

政府が推進する在宅勤務(テレワーク)の目的とデメリットとは?

  • 12058views
  • 0fav

by clipmomo
 政府が在宅勤務(テレワーク)の普及に力を入れている。2013年6月に決定した「世界最先端IT国家創造宣言」では、女性の就業支援などのため、2020年に在宅勤務(テレワーク)の利用者数を3倍にする目標を掲げているという。なぜ、いま在宅勤務(テレワーク)に力を入れるのだろうか? 

在宅勤務(テレワーク)とは?

通信ネットワークを利用して、オフィス以外の場所で働く労働形態のこと。実際の労働場所にもよるが、在宅勤務の一形態とも考えられる。従業員にとっては通勤の必要がない、自由に労働時間を選べるなどのメリットがある。一方、企業では大規模なオフィスを都心に用意する必要がなくなり、コスト削減のメリットがある。テレワークでは業績評価がしにくいなどの課題も残されているが、交通渋滞や通勤ラッシュの緩和など、社会的なメリットも多く、普及が期待されている。

出典:テレワークとは - IT用語辞典 e-Words

なぜ在宅勤務(テレワーク)を推進するのか?

 政府がテレワークに力を入れている理由のひとつとして、下記問題の解決があげられるだろう。 

通勤時間の削減、交通緩和

 東京都内に通勤するビジネスマンの通勤時間は、片道1時間前後が一番多いという。在宅勤務(テレワーク)となると往復の通勤時間が削減できる。また、通勤ラッシュの緩和にも一役買うだろう。 

育児・介護との両立

 在宅勤務となるので、育児・介護と仕事を両立することができる。また、育児・介護により仕事ができない主婦層の活用も見込むことができる。

地域活性化

 基本居住地の制限がなくなるので、地域活性化にもつながる。

ワーク・ライフ・バランスの両立

 自宅が勤務場所になるので、家族と過ごす時間や自分自身の時間の確保も見込まれる。

テレワークのデメリットは?

 上記を見るとメリットが大きいテレワークだが、デメリットはあるのだろうか? 2013年にアメリカ・Yahooが在宅勤務を禁止した件を例にしてみよう。

ヤフーの人事責任者が先週社内向けのメモで発表した今回の措置は、多くの企業であまり話し合われてこなかった事実をあらわにすることになった。在宅勤務には深刻なデメリットがあるということだ。チーム内の信頼感の低下やコミュニケーションの断絶が発生する可能性の拡大のほか、在宅勤務者にとっては家と仕事との境界があいまいになるという問題もある。

人事責任者からのメモでは、通路やコーヒーメーカー周辺で同僚に出くわしたことがきっかけで優れたひらめきが得られることがあると指摘するとともに、次のように付け加えている。「自宅で仕事をすると往々にしてスピードや質が犠牲にされがちだ。われわれはヤフーとして1つになる必要がある!それには、まず物理的に一体感を高めることだ」

出典:米ヤフーが在宅勤務禁止へ 制度がもたらすデメリットとは? - WSJ

ヤフーでは数百人のスタッフがフルタイムで在宅勤務をしているほか、多くが週に数回のペースで自宅で仕事をしている。在宅勤務の引き締めに乗り出したのはヤフーが初めてではない。米銀大手バンク・オブ・アメリカも昨年後半、フレックス勤務制度の制限に踏み切っており、連携強化に向けた措置だとして、スタッフにもっと頻繁にオフィスに出勤するよう要請している。

出典:米ヤフーが在宅勤務禁止へ 制度がもたらすデメリットとは? - WSJ

在宅勤務は多くの人にとって仕事と家庭生活の両立を容易にする制度であるとはいえ、在宅勤務スタッフの管理は厄介な問題だ。在宅での仕事が面と向かって行うときと同じくらい濃い内容のものになるよう企業は努力する必要がある。特に今は、多くの職場で連携やグループで行うプロジェクトの重要性が増している。

出典:米ヤフーが在宅勤務禁止へ 制度がもたらすデメリットとは? - WSJ

在宅勤務者がオフィス勤務者よりも生産性が低いというわけではない。実際、在宅勤務者の方が多く働いている場合もある。米テキサス大学が最近行った調査で、在宅勤務者はもっぱらオフィスで働くスタッフよりも5~7時間多く働いていることが明らかになっている。

出典:米ヤフーが在宅勤務禁止へ 制度がもたらすデメリットとは? - WSJ

ワークフローの見直しが重要

 在宅勤務(テレワーク)の導入にあたって重要になるのが、企業のワークフローの見直しだろう。オフィスワークと在宅勤務(テレワーク)の切り分けを明確にし、ワークフローを整えれば、双方にとってメリットも多いが、体制の整備や職場の理解など、企業側の課題も多い。働き方が多様化している昨今だからこそ、少しずつひとつの働き方として認知・普及されていくことを願う。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する