1. 旅行が仕事になる!?ノマドの進化系「トラベルブロガー」という働き方

旅行が仕事になる!?ノマドの進化系「トラベルブロガー」という働き方

  • 20856views
  • 0fav

 自分の好きな場所を旅して、その旅行記を書くことで生計を立てられたら...なんて夢見たことがある方も多いのではないでしょうか?今、そんなグローバルノマドワーカーと呼ばれる、トラベルブロガー志望者が急増しています。

グローバルノマドワーカーとは...?

 「ノマド」とは元々は遊牧民という意味で、自宅や会社のオフィスではなく、カフェや喫茶店などでパソコンやタブレットを使って仕事をしている人たちのこと。世界を旅しながらパソコンなどを使って仕事をする人たちは「グローバルノマドワーカー」と呼ばれています。デザイナー、エンジニア、翻訳家など様々なグローバルノマドワーカーが登場する中、世界を旅しながらブログに旅行記を綴る事で生計を立てる「トラベルブロガー」が増加しています。

トラベルブロガーとはどんなことをするのか?

 では、実際のトラベルブロガーはどんなことをしているのでしょうか?

 旅行会社の元企画担当者の方は、カナダのトラベルブロガーとしてオールアバウトで記事の執筆をしています。見どころから絶景、グルメ、ホテル、お土産の情報など幅広くカナダの魅力を伝えています。元旅行会社勤務ということで目の付け所に光る物がありますよね。
 また、月間約50万PV、SNSのフォロワーに50万人を持つ「Young adventures」のLizさんは広告、記事広告、キャンペーンアンバサダー、SNSでの宣伝、寄稿、プレストリップといったもので月に3000$(約30万円)~9000$(約91万円)の収入を得ているそうです。これだけの有名トラベルブロガーでも、収入は月による開きが大きいのですね。


 確かに、すぐに人気のトラベルブロガーになれるわけではありませんし、何よりも積極的に自分のブログを売り込む気概が必要となる仕事です。でも、旅行好きにとっては”好き”をそのまま仕事に出来る、この上ないくらい幸せな仕事なのではないでしょうか?きちんとしたプロセスを踏んで準備をすればトラベルブロガーを本業として生計を立てることも夢ではありません。第2のキャリアの選択肢として視野に入れてみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する