1. 東電に自殺女性への賠償命令、東電の賠償責任はどこまで広がるのか?

東電に自殺女性への賠償命令、東電の賠償責任はどこまで広がるのか?

  • 1865views
  • 0fav

 地震のみならず原発事故の発生により多くの被害を引き起こした東日本大震災。原発事故による被災者への支援は未だ続いています。今回、原発事故の責任がある東電と被災者の間で起きた訴訟に判決が下されました。

東京電力福島第1原子力発電所事故で避難していた福島県川俣町の渡辺はま子さん(当時58)の自殺を巡り、東電の賠償責任を認めた26日の福島地裁判決は同社に約4900万円の支払いを命じた。

出典:自殺女性、原発避難「展望見えず絶望」 東電に賠償命令 :日本経済新聞
 その判決とは、原発事故をきっかけに自殺を試みた女性に対して東電が賠償責任をとるべきであるというもの。これは、初めて原発事故と自殺の因果関係を認める裁判であり、被害者救済に向けた大きな一歩であると評価されています。

 そもそも、今回の訴訟はどのようなものだったのでしょう。

はま子さんは2011年6月、計画的避難区域になった川俣町山木屋地区から福島市のアパートに避難し、不眠や体重減少などに悩まされた。約3週間後、一時帰宅で1泊した自宅の庭先で焼身自殺した。

出典:原発事故後に自殺、東電に4900万円賠償命令:朝日新聞デジタル
 今回の原告は、原発事故をきっかけに自殺をした女性のご主人。その女性は、避難区域に設定された自宅から避難を余儀なくされ、うつ病になり、焼身自殺を行ないました。避難生活により精神的苦痛を受け、そのような行動をとったと見られています。

訴訟は夫の幹夫さん(64)ら遺族4人が計約9100万円を求めて提訴した。

出典:自殺女性、原発避難「展望見えず絶望」 東電に賠償命令 :日本経済新聞
 そこで、その主人が女性の自殺と原発事故には大きな因果関係があるとし、東電に対して約9100万円の賠償金を請求しました。

約2年の審理を通じ、東電から謝罪はない。提訴前、和解を模索して代理人弁護士が東電に行ったが、門前払いされ、担当者の名刺すらもらえなかった。

出典:時事ドットコム:「非認め謝罪を」=自殺女性の夫、東電に憤り-原発避難 ...
 その訴訟を受けた東電側は謝罪の姿勢を見せることはありませんでしたが、今回福島地裁によって下された判決を受けて「渡辺はま子さんのご冥福を心よりお祈りします。判決の内容を精査し、引き続き真摯(しんし)に対応します」とコメントしています。

 今回下された歴史的とも言える自殺と原発事故の因果関係を容認する判決内容。この判決は今後どのように影響していくのでしょう。

広田次男弁護士は判決について、完全勝利だと宣言。「この判決は原発事故による賠償の前例として重要だ」「今日の判断は、今後の裁判に大きく影響するだろう」

出典:原発避難者の自殺、東電に初の賠償命令 130件の原発関連自殺へも ...
 今回の判決結果は今後の被害者救済に大きな影響を与えることが予想されています。現在も原発事故と自殺の因果関係を求める訴訟が2件行なわれており、それらの今後の展望にも注目が集まっています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する