1. 7月の訪日外国人数が過去最多の127万人、過去最速増加ペースで記録更新なるか

7月の訪日外国人数が過去最多の127万人、過去最速増加ペースで記録更新なるか

  • 2443views
  • 0fav


日本政府観光局が20日発表した7月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比26.6%増の126万9700人で、18カ月連続のプラスとなった。今年4月の123万1471人を上回り、1カ月間での過去最高を更新した。

出典:7月の訪日客、過去最高の127万人 中国倍増、韓国も6カ月ぶりプラス ...
 日本を訪れる観光客が今までにないほどのスピードで増加しています。なんと、7月に日本を訪れた外国人数が127万人で、過去最多を記録しました。去年の同月よりも26%増加で現在18ヶ月連続で増えており、その勢いは止まらなさそうです。

 なぜこんなにもすごい勢いで日本を訪れる外国人が増えているのでしょうか。

円安による割安感や、タイ、マレーシア向けのビザ(査証)免除、羽田空港の国際線増便などが寄与した。韓国は、客船沈没事故以来続いていた旅行自粛ムードが和らいだことなどが増加要因となった。これにより、1~7月累計は前年同期比26.4%増の753万100人と過去最速のペースで750万人を突破した。

出典:時事ドットコム:訪日客、過去最多127万人=中国首位、韓国も増加-7月
 円安によって日本観光が割安になったことや、東南アジア諸国のビザ査証が緩和されたこと、羽田空港発の国際便が3月末から増えたことが理由としてあります。

 さらには、韓国において客船沈没事故による旅行自粛ムードが緩まったことも増加を加速させたようです。

 韓国人による訪日も増えましたが、人数と伸び率で圧倒的なのは中国人です。その人数は28万人で、前年のなんと2倍となっています。尖閣諸島をめぐる問題で日中関係が緊張する一方で、中国人が日本を訪れやすい環境が出来上がっていたのです。

夏にかけて中国の春秋航空が天津や武漢、重慶と関西国際空港を結ぶ定期路線を開設したほか、中国南方航空などが新千歳や那覇へ向かうチャーター便を就航。2千~3千人規模の旅客が乗り込める大型クルーズ船も九州・沖縄を中心に計17便寄港するなど、日本を訪れやすい環境が追い風となった。

出典:7月の訪日客、過去最多127万人 中国2年ぶりトップ :日本経済新聞
春秋航空などの中国の航空会社が日本での路線を充実させました。また、飛行機だけでなく大型クルーズ船が17便も日本に寄港したことも訪日中国人増加の大きな理由です。


 外国人の訪日は当然、日本にとって大きな利益です。訪日外国人はまだまだ増加する見込みで、政府観光局は今後の記録更新を期待しています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する