1. ドローンが生活の身近なところに。あなた専用のドローンを呼び出してくれるアプリ「GoFor」

ドローンが生活の身近なところに。あなた専用のドローンを呼び出してくれるアプリ「GoFor」

 Amazonが小型無人飛行機による配達サービス実現に向けて動き出すなど、最近注目を集めている「ドローン」。今はまだ、企業だけのものに感じてしまう人も多いでしょうが、近い将来自分専用のドローンをアプリを使って呼び出せるようになる。そんな夢のようなサービスが海外で開発されているそうです。

 まだコンセプト段階にある「GoFor」というサービスですが、実現の可能性を感じさせる動画が公開されているので紹介したいと思います。

スマホから、いつでもドローンを呼び出せる「GoFor」

 「GoFor」はスマホ、タブレットからいつでもドローンを呼び出すことのできるサービス。Uberのドローン版をイメージすると分かり易いでしょう。荷物を配達したいといったタスクから、自分の写真を撮ってほしいというタスクなどを様々なタスクを依頼できるそうです。
 アプリを起動すると、自分のいる位置はピン、ドローンは黒い丸となって地図上に表示されます。これはUberやLyftといったサービスと同じ仕組み。
 依頼の方法は音声入力。依頼したいことをスマホに話すと、
 「GoFor」側が依頼内容を認識してくれます。例えば、自分の写真を撮ってほしいという依頼をした場合、
 実際にドローンが自分の所に来て、このように写真を撮ってくれます。
 また、自分の車を上空から監視させ、
 スピード監視区間に入ったことを知らせるという使い方もできるそう。

まだコンセプト段階だけれど、実現する日は近いかも…

 すでにサービスがリリースされているのでは?と思ってしまうほど、動画を見ると具体的な使い方まで分かります。冒頭でも述べましたが、まだ「GoFor」は構想段階のサービス。

 アメリカでは国立公園内のドローンの飛行は禁止など、まだまだ規制が厳しいのが現状です。ただ、Amazonがインドでドローン飛行の実験を行うなど、規制が緩い新興国で試験的に導入する試みもあります。

 自分だけのドローンが呼び出せる、という夢のようなサービスがリリースされるのは、そう遠くない未来かもしれません。「GoFor」というサービスのスゴさを実感してみたい人は、一度動画を見てみては?


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する