1. あの『妖怪ウォッチ』も! 福岡から爆発的ヒットゲームが生まれるワケ

あの『妖怪ウォッチ』も! 福岡から爆発的ヒットゲームが生まれるワケ

  • 19349views
  • 1fav

by yoco**
 いま福岡がアツい!ご存知、HKT48の躍進だけではない。社会現象となっている『妖怪ウォッチ』など、ゲーム業界を中心に数多くの大ヒット作を生み出しているのだ。なぜいま、福岡からヒット作が生まれるのか? そこには東京にはない魅力的な環境と行政の協力があった!

ヒット作が続々と! 福岡を拠点とするゲーム会社

株式会社レベルファイブ

 『妖怪ウォッチ』『イナズマイレブン』『レイトン教授』などのヒット作を生み出したゲーム会社。

株式会社サイバーコネクト2

 『NARUTO -ナルト- 疾風伝ナルティメットストームレボリューション』や『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』『ギルティドラゴン』を手がけるゲーム会社。

株式会社ガンバリオン

『Wii Fit U』や『ワンピースアンリミテッドワールド R』を手がけるゲーム会社。

なぜ福岡からヒット作が生まれるのか?

ゲーム関連会社が育つための環境の育成

 2003年、上記3社が地元で行ったゲームイベント「GAME FACTORY FUKUOKA」。それをきっかけに、04年には福岡のゲーム産業発展を目的とした団体「GFF」(ゲーム・ファクトリーズ・フレンドシップ)を設立。06年には“九州・福岡を世界が目指すゲーム産業都市にする”を合言葉にGFF、九州大学、福岡市の三者により「福岡ゲーム産業振興機構」を設立。「福岡ゲームコンテスト」「ゲームフロンティア in 福岡」などのイベントを開催。

暮らしやすい環境

 英誌『MONOCLE』の特集「2011年版世界で最も住みやすい都市 ベスト25」の第16位に福岡市が選出されるなど、都会ながらもコンパクトで住みやすい。自然が近いのも魅力。

通勤時間が短い

 福岡に通勤している人の約9割の人が通勤時間60分未満。さらに約6割の方が30分未満という短い通勤時間。通勤のストレスが少ない分、仕事に注ぐ集中力や発想力が持続できる。

国内主要都市・アジアへのアクセスのよさ

 福岡空港は国内の主要都市だけでなく、上海、ソウルなどアジアの各主要都市へのアクセスにも優れ、路線も充実。また、福岡市のビジネスの中心地・天神から空港までのアクセスも良好。

オフィス賃料が安い

 東京に比べるとオフィス賃料が約4割の平均賃料なので、低コストでオフィスを構えることが可能。

人材の確保

 福岡県内には情報系やデザイン系などの学科を持つ大学・短期大学・専門学校などが約30校あり、デジタルコンテンツ関連教育機関が充実。また、人口当たりの学生数が政令指定都市の中で第2位、将来を担う若者率は第1位と、若い人材も豊富で東京・大阪など他地域からのU・J・Iターン人材が集まる。

 また、近年、東京から福岡へ拠点をうつすクリエイターも増えている。

福岡のこれから

 国は今年、福岡市を創業のための雇用改革拠点として国家戦略特別区域に選定した。また、福岡市はスタートアップ事業を推進しており、今後も下記のような支援・育成などを予定している。

スタートアップ奨学金制度

 将来活躍するグローバル人材育成のため、大学生の留学を支援。市内の大学に在籍する学生が交換留学制度で留学する場合に最大120万円を貸与。

ビジネスプランコンテスト

 グローバルに事業を展開していく国内・海外のベンチャー企業を対象とし、ビジネスプランコンテストを開催。英語によるビジネスプランのコンテストと海外展開の支援、ネットワーク構築を行う。

スタートアップCafeの設立

 スタートアップのすそ野を拡大するため、様々な創業支援団体のネットワークハブとしての機能を有する「場」を提供。

企業のテレワーク(在宅勤務)の推進

 福岡市では、平成 27 年度より職員のテレワークの導入を推進。また、新たにテレワークに取り組もうと考える企業に対して、各企業の現状や課題を診断する相談員を派遣。診断後、一部の企業にはコンサルタントを派遣してテレワーク導入をサポートするとともに、先進事例や導入ノウハウを広く紹介し、テレワークの推進を図る。

福岡市無料公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」の見直し

 現在のサービス内容の見直し・新たな取り組みを行い、より利便性を高める。

行政の協力と暮らしやすさ

 福岡の魅力は、なんといっても暮らしやすさだろう。ワーク・ライフ・バランスをとりやすい土壌が、ゲームをはじめとするクリエイティブな仕事に向いているのかもしれない。

 また、行政が率先して独立・開業を支援に協力的なのも魅力的だ。若年層が多い都市だけに、続々と素晴らしいプロダクトが開発されることを大いに期待したい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する