1. 【全文】あなたの会社も「魂の食肉処理場」かも?ワーク・ライフバランスの正体を示す4つのポイント

【全文】あなたの会社も「魂の食肉処理場」かも?ワーク・ライフバランスの正体を示す4つのポイント

 「ブラック企業」が大きな社会問題となる中、ビジネスワードとして有名になりつつあるのが「ワーク・ライフバランス」です。ワーク・ライフバランスとは仕事と生活のバランスのことを指し、現在多くの企業や団体が現在ワーク・ライフバランスを考慮した働きかたについて議論しています。

 ワーク・ライフバランスについてのベストセラー本の著者であり、ワーク・ライフバランスの啓蒙活動家としても知られるナイジェル・マーシュはこう語ります。「実は企業や多くの人が考えているワーク・ライフバランスへの取り組みは意味がなく、自分自身でワーク・ライフバランスについて考慮し、自分の手で正しいバランスを見つけるべきだ」と。

 ここでは、ナイジェル・マーシュが自らの体験やユーモアを交えながらワーク・ライフバランスについての所見とアドバイスを語るTEDの講演を書き起こします。

スピーカー

ナイジェル・マーシュ/ワーク・ライフバランス啓蒙活動家

見出し一覧

・フレックスも育児休暇もワーク・ライフバランスの本質ではない
・全ての会社は「ワーク・ライフバランスなんてどうでもいい」
・「ローマは1日にして成らず」長いスパンでバランスを考えろ
・まずは小さいことから。ワーク・ライフバランスは世界を変える

動画

フレックスも育児休暇もワーク・ライフバランスの本質ではない

 以前から願望として持っていたことなのですが、まず私の簡単な頼みごとを受けてください。少し立ち止まって、哀れな弱虫で悲惨なあなたの存在を見つめ直してください(笑)

 今の頼みごとは、15世紀に聖ベネディクトが多くの信者に与えた忠言に沿っています。この忠言は、私が40歳になったときに自らを従わせようと決めたものです。その瞬間まで、私は古いタイプの企業戦士でした。食べ過ぎや飲み過ぎを繰り返し、さらには働きすぎていて、家庭をないがしろにしていました。しかし、40歳のとき、私は人生を好転させようと考え、特にワーク・ライフバランスという厄介な問題に対処しようとしました。会社を辞め、妻と4人の子供と共に家で1年間過ごしました。その期間でひとつのことを学びました。働いていない時には、仕事と生活のバランスをとるのがとても簡単だということです(笑)もっともお金が尽きる頃にこの発見をしたのであまり役立つことはなかったのですが。

 それから再び働き始めることにしました。私は決心を固めて以来、7年間に渡りワーク・ライフバランスに取り組み、勉強し、執筆してきました。今日はみなさんに4つの所見をお話させてください。

 まず1つ目です。社会がワーク・ライフバランスについて取り組むのであれば、誠実な議論が必要です。厄介なのは、多くの人がワーク・ライフバランスについて全く馬鹿げたことを話すことです。例えばフレックスタイム制やカジュアルフライデー(金曜日はラフな格好で仕事をしても良いという制度)、父親の育児休暇…これらに関する議論は、日常的な世話を必要とする子供のいる家庭において、特定の仕事やキャリアの選択肢は互換性がないという問題の本質を覆い隠すだけです。問題解決の第一歩目は、今私たちが置かれている状況を現実的に認識することです。私たちが暮らす現実社会はいらないものを買うため、そして好きでもない人を感動させるために大嫌いな仕事に何時間も費やし、絶望を叫びつつも静かな生活を送る無数の人々で溢れています(拍手)金曜日にTシャツにジーンズで働くことなんてこれっぽちも問題の核心に迫っていないんです(笑)

全ての会社は「ワーク・ライフバランスなんてどうでもいい」

 2つ目の所見は、政府や会社はこの問題を解決する気がないという事実に向き合わなければならないということです。外に助けを求めるのは辞めましょう。自分の送りたい人生をコントロールし、責任を持てるかは自分次第なのです。自ら人生をデザインしなければ、誰かが勝手にデザインしてしまうでしょう。しかし、他人に作られたワーク・ライフバランスはあなたには合わないはずです。大切なことはインターネット上には載っていません。このような発言をすると会社を解雇にされそうですが、とても大切なことです。生活の本質を決して営利企業の手に委ねてはなりません。営利企業とはなにもブラック企業を指しているわけではなく、「魂の食肉処理場」と私は呼んでいますが、全ての会社についてです(笑)営利企業は本質的にあなたを出来る限り利用し、利益を持ち逃げしようとする性質上のもので、その行動は営利企業のDNAに刻まれているのです。健全で、善意のある企業でさえ悪質な行為をしています。一方で、職場に保育所を設けるのは素晴らしく、賢明な行動です。しかし、同時に悪夢でもあります。職場で忙殺されているのに、さらに仕事に時間を割かなくてはならなくなります。生活と労働の間に必要な境界線を設定し、実行することに責任を持たなければなりません。

「ローマは1日にして成らず」長いスパンでバランスを考えろ

 続いて3つ目の所見ですが、私たちはワーク・ライフバランスをどのような時間枠で求めるのか気を付けなければいけません。1年間の休養を経て仕事に戻る前のことですが、私は一つひとつ細かく順番に、私の理想のバランスの1日を書き出しました。こんな感じです。「たっぷりと睡眠をとって、気持ちよく起きる。その後、犬の散歩をして妻と子供たちと朝食をとる。車で仕事場へ行く途中に子供たちを学校まで送っていく。3時間働く。友人と昼休みに運動する。もう3時間働く。夕方早くからパブで仲間と飲む。車で帰って妻と子供たちと夕ご飯を食べる。30分ほど瞑想する。犬の散歩をしてそれから寝る」(拍手)こんな理想の1日はどのくらいあると思いますか?(笑)もっと現実的になりましょう。全てのことを1日でこなすのは無理です。人生におけるバランスを計る時間枠は延ばされなくてはいけません。気を付けるべきなのは、「退職した時に子どもたちは家を出て、妻には離婚され、健康は損なわれ、友達も趣味もない第二の人生がスタートする」という罠に陥らないことです(笑)1日は短く、退職した後は長すぎます。解決するためにちょうどいい方法があるはずです。

まずは小さいことから。ワーク・ライフバランスは世界を変える

 最後に4つ目の所見です。バランスそのものをバランスの取れた見方で捉えなおす必要があります。去年友人と私が会ったとき、「あなたの本を読んで自分の人生のバランスが完全に崩れていると気付いたわ。私の人生は仕事で一杯よ!1日10時間も働いて、通勤には2時間かかるわ。交際関係も全て駄目。仕事以外に私の人生には何もないの。だからしっかりしなきゃと思ってジムに通うことにしたわ」(笑)馬鹿にするわけではありませんが、彼女がジムに通って10時間働く健康な従業員になっても、それはバランスが取れたのではなくもっと働けるようになっただけです(笑)運動は素晴らしいことですが、人生には他の部分もあります。知的な部分、感情的な部分、精神的な部分すべてのバランスを取るためには、人生のすべての部分について考えなくてはいけません。腹筋50回だけではバランスを取るためには足りないのです。

 人生の全てについて考慮を重ねることは厳しいものがあります。「そんな無茶な!僕には時間がない!教会に行って母と話せっていうのか」という人もいるでしょう。私には人生の全てについて考えることがどんなに大変か確かにわかります。しかし数年前、1つの出来事のおかげで新たな視点を得ることが出来ました。妻が職場に電話してきて、「一番下の子を学校に迎えに行ってあげて」と頼んできました。妻は夕方に他の3人の子どもと出かけなければならなかったのです。私は1時間早く仕事を上がり、学校で末っ子を拾い、二人で近くの公園に行き、ブランコに乗ったりして遊びました。その後丘の上にあるカフェに行き、おやつにピザを食べ、丘を下って我が家に帰り、息子を風呂に入れてバットマンのパジャマに着替えさせました。そしてロアルド・ダールの「おばけ桃の冒険」(児童文学の作品)を読み聞かせ、息子をベッドに寝かせて「おやすみ坊や」とおでこにキスをして部屋から出て行きました。その時です。息子が「パパ?」と呼ぶので、「なんだい?」と答えると、彼は「パパ、今日は今までで1番楽しかった日だよ」と言いました。私は何もしていません。ディズニー・ワールドに連れて行ったわけでもなく、プレイステーションを買ってあげたのでもありません。

 つまり、小さいことが重要なのです。バランスを良くしても人生が劇的に変わるわけではありません。最小の投資を適材的所に行うだけで、人付き合いや人生の質までも劇的に変えることが出来ます。さらに言うと、社会を変えることもできると思います。なぜなら多くの人がワーク・ライフバランスを意識した生活を実践すれば、世間一般の成功の定義を愚かで単純なもの、つまり死ぬときに多額のお金を持っていた人の勝ちというものから、もっと思慮深くバランスの取れた人生を送ることに変えることが出来るからです。私はワーク・ライフバランスの考え方こそ、広める価値のあるアイデアだと思っています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する