1. 家庭と仕事が両立できる! 主婦の“働きたい !”“学びたい !”を叶えるサービス2選

家庭と仕事が両立できる! 主婦の“働きたい !”“学びたい !”を叶えるサービス2選

  • 3531views
  • 0fav

by Spree2010
 国や各企業の女性管理職登用の推進など、“女性の働き方”に注目が集まっているものの、日本では結婚・出産を機に約6割の女性が家庭に入るようです。もちろん、家庭に入ることを望んでいる人も多いと思いますが、時間の制限や環境が整わないために退職せざるを得ないケースもあります。今回は、家庭と仕事を両立しながら“働く”“学ぶ”を叶えるための情報をご紹介します。 

 “働きたい”を叶える

しゅふJOBサーチ

 主婦・主夫の仕事探しに特化した求人サイト「しゅふJOBサーチ」。“時間や曜日が選べる”“単発”“1週間or2週間ごとにシフトが確定”など、主婦・主夫にうれしい条件での検索や、正社員、契約社員、派遣などのほか、委託や在宅など、幅広い雇用形態での検索が可能。運営会社の株式会社ビースタイルでは、「しゅふJOBサーチ」のほかに、パート・在宅型の「しゅふJOBスタッフィング」、ウェブディレクター・デザイナー、デザイナー、編集・ライターなどクリエイティブ系の求人に特化した「しゅふJOBサーチクリエイター」、ハイクラス人材に特化した「しゅふJOBエグゼクティブ」など、主婦のための幅広いサービスを展開。 

“学びたい”を叶える

 マザーズハローワークの再就職支援セミナーや、関西学院大学の女性向け再就職講座「ハッピーキャリアプログラム」や、日本女子大学「リカレント教育課程」など、育児、出産、介護などで離職した女性のためのキャリア教育事業を行う公的機関・大学も増えてきた。 
 文部科学省は2015年度から、出産や子育てで退職した女性がキャリアアップする「学び直し」施策を大幅拡充する方針を決めたという。公民館や大学で、再就職先に応じた専門知識・技能を学ぶ体制を作り、退職後のブランクを補うことで社会復帰を支援する。各地域で学べるプログラムは2014年度は48だったが、来年度からは倍増を目指ているというので、期待したい。 


家庭と仕事を両立するために

 各企業が人材不足に頭を悩ませている中で、新たな注目を集めているのが“主婦”。結婚・出産前はバリバリ働いていた人に光がさし、家庭と仕事も両立できるような働き方ができる環境も今後もっと増えてくることが予想されます。制度や環境が整うことを期待しつつ、必要になったときに行動できるよう、スキルアップや資格の取得、経験の蓄積など、いまできることをコツコツと行っていきたいですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する