1. お湯を沸かして発電するケトル発電機「KettleCharge」これで災害時でも電気に困らない!

お湯を沸かして発電するケトル発電機「KettleCharge」これで災害時でも電気に困らない!

 次世代のエネルギーが注目されてから、様々な発電機が開発されており、ソーラーパネルだけでなく、水力や炎を使った小型の発電機まで存在します。これらは、災害などの非常事態でも役立ちます。

 今回紹介する 「KettleCharge」は、そんな発電機の中でもお湯が沸いた時の熱で発電する、今までに無い発電機です。
 「KettleCharge」の使い方は簡単で、水を注ぎ口から満タンまで入れて、火にかけます。この時、どんな熱源でもよいのでガスコンロの火でも、ストーブの熱でも問題ありません。そして、お湯が沸くと電気が発電され、USBコネクタからデバイスの充電が可能になります。
 また、沸かしたお湯は普通に飲める上に内容量は750mlなので、コーヒーでもカップラーメンでも活用することが可能です。
 大きさは直径19cm、重量は907gなので手荷物として運ぶには少々かさばりますが、アウトドアなどでの利用にはピッタリでしょう。

 充電容量は1250mAなので、iPhoneなら10分ほどで充電することが可能です。


 この「KettleCharge」は、BioLiteのオンラインストアで9月発売予定のようで、現在予約受付を開始しています。日本では10月下旬頃に発売が予定されているようです。

 災害時でもキャンプの時でも使える「KettleCharge」。お湯を沸かせれば、電気を発電できるというコンセプトが素敵ですよね。興味のある人は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する