1. 「年間予算はわずか500ドルのみ」海外のコンタクトブランドのクーポンの配り方がうますぎる

「年間予算はわずか500ドルのみ」海外のコンタクトブランドのクーポンの配り方がうますぎる

 目が悪い人が得をする!
 
 イスラエルのコンタクトレンズブランドメーカー「Opticana」が、視力が悪い人ほど得をするキャンペーンを行いました。しかも、年間予算が500ドルしか掛かっていないという非常に効率的なキャンペーンになっています。

 ▼ 視力の悪い人がおかしがちなWEBサイトURLの「入力ミス」に着目
 ▼ 「google」と検索したいときに「koogle」などとタイプすると...。
 ▼ イスラエル国内で人気のある10個のWebサイトを自動で取得。
 ▼ 取得したドメインからユーザーが本当に検索したかったWebサイトへ誘導してくれるという優れもの。さらに、Opticaのクーポン券が無料配布されるというお得さ。
 イスラエルのコンタクトレンズブランドメーカー「Opticana」が、視力の悪い人向けに行ったキャンペーンでした。
 
 このキャンペーンによって「Opticana」の自社サイトへの回遊性は、数ヶ月で格段にアップしたそうです。一字間違っただけでお得なクーポン券がもらえるのであれば、打ち間違いをしてもいいかなと思ってしまうでしょう。

 目が悪い人にターゲットを絞り、視力の悪い人がおかしがちなミスタイプとコンタクトレンズのクーポン券を結びつけたことは「うまい」と言わざるを得ませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する