1. 遺伝子組み換えの生物を一般家庭に!YCも注目するベンチャーが挑むバイオテクノロジーの未来

遺伝子組み換えの生物を一般家庭に!YCも注目するベンチャーが挑むバイオテクノロジーの未来

 シリコンバレー最強のスタートアップ養成所として有名な、「Y Combinator」。これまでにDropbox、Airbnb、Herokuなどを生み出してきましたが、最近、謎のバイオベンチャーを支援しているということで注目を集めています。

 そのバイオベンチャーは「Glowing Plant」。手掛けている事業は暗闇で光る植物の生成。これだけ聞くと、どんなことに役立つのか全く理解できませんが、なぜY Combinatorはこの暗闇で光る植物に注目したのでしょうか?

空気清浄効果も!?暗闇で光る植物の意外な効果

 暗闇で光る、この植物。単に眺めるだけの植物ではなく、害虫を寄せ付けない、空気清浄などの様々な効果があるというのです。この暗闇で光る植物の生成は遺伝子組み換えによって行っており、「Glowing Plant」は遺伝子組み換えの生物を一般家庭にもという考えで活動しています。

 間もなく販売される、暗闇で光る植物はその目的を達成するための第一段階。暗闇で光る植物の生成で培ったノウハウを遺伝子組み換えの生物を作り出すことに注ぎ込んでいくそうです。

秘かに注目を集める、遺伝子組み換えによって作られた生物

 現在、秘かに注目を集めている遺伝子組み換えによって作られた生物。下記の「 WIRED」の記事にも様々な遺伝子組み換えの生物が幾つか載っています。遺伝子組み換えの分野は、まだ一般的ではありませんが、大学の研究所などは大きな可能性がある分野として注目しているのです。

YCが注目したのは遺伝子組み換えの市場規模

 Y combinatorは暗闇で光る植物に注目したのではなく、遺伝子組み換えの市場規模や「Glowing Plant」が成し遂げようとしているコトの大きさに注目したのではないでしょうか?

 今年の秋に暗闇で光る植物の販売が可能になるなど、ようやくスタート地点に立った
「Glowing Plant」。これから、どうなっていくのか非常に楽しみですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する