1. スムーズな待ち合わせが実現!お互いの位置情報を共有し合い「今どこ?」を解消する「JINK」

スムーズな待ち合わせが実現!お互いの位置情報を共有し合い「今どこ?」を解消する「JINK」

 待ち合わせの時に、よく起こりがちな「今どこ?」というやり取り。意外と面倒くさいこのやり取りをなくし、もっとスムーズな待ち合わせをしたいなら「JINK」というアプリが良いかもしれません。

お互いの位置情報を共有し合い「今どこ?」を解消する「JINK」

 「JINK」はお互いの位置情報を共有し合い、相手が今どこにいるのかリアルタイムで分かるアプリ。このアプリの魅力は、とにかく操作が簡単なところ。「JINK」を使うにあたって必要なのは、電話番号だけです。

 アプリをダウンロードした後は、自分の電話番号を入力し、認証してもらったら使い始めることができます。

 では、どれくらい待ち合わせが簡単になるのでしょうか?
 「JINK」を使って誰かと待ち合わせしたい時は、相手の電話番号を直接入力するか電話帳から相手を検索し、
 「JINK」ボタンから位置情報共有の申請を依頼。相手がJINKユーザーでない場合は、ダウンロードのURLがSMSで相手に届きます。すでにユーザーの場合は、そのまま共有するかどうかの確認へと移ります。
 相手が位置情報の共有に承諾したら、
 お互いの位置情報が共有されます。とても簡単ではないでしょうか?これなら待ち合わせで「今どこ?」という必要もなくなりそうですね。

 お互いがきちんと出会えたら、位置情報の共有は自動で終了します。
 また、待ち合わせの相手にメッセージを送ることもできます。テンプレートも用意されているので、待ち合わせに急いでいる時には使えそうですね。

LINE・Facebookの友達に対応したら便利かも

 とても手軽に待ち合わせを行える「JINK」ですが、対応しているのが電話帳の相手だけというのが少し難点。最近では、電話帳ではなくLINEなどで連絡先を交換している人が多いのでLINEにも対応したら、より便利になるかもしれません。

 待ち合わせの時に何度も「今どこ?」とやり取りするのは面倒ですし、ストレスも溜まってしまいます。お互いな無駄な時間を過ごさないためにも、友達や会社の人と待ち合わせをする時などに使ってみると良いでしょう。

<iOS版>
<Android版>

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する