1. これであなたのビール腹も解消?食事の写真を送るだけのパーソナル栄養管理アプリ「Rise」

これであなたのビール腹も解消?食事の写真を送るだけのパーソナル栄養管理アプリ「Rise」

 男性ビジネスマンの8割が抱えている悩みといっても過言ではない「ビール腹」。脱・ビール腹を目指そうと思ったはいいものの、結局1週間も続かないという人多いのでは?

 何とかビール腹を解消したい。そんな人には「Rise」というパーソナルトレーニングアプリが良いかもしれません。

食事の写真を撮って送るだけのパーソナル栄養管理アプリ「Rise」

 「Rise」は食べた食事の写真を送るだけで、自分専用のコーチから栄養指導を受けられるアプリ。今ではダイエットアプリはたくさんありますが、その多くは自分でメニューを入力しなければならないなど、多少の面倒くささはありました。

 しかし、「Rise」は写真を撮って送るだけと、他のアプリに比べても非常に手軽です。最近では食事の前に料理の写真を撮る人が増えてきましたが、その感覚のまま栄養指導を受けることができます。

 また、使い始めるまでも非常に手軽。項目を選択していくだけです。
 まずはアプリを使うにあたって、「体重を落としたい」「よい食事の仕方を知りたい」など目標決め、次に「何でも食べる」「ベジタリアン」など食事のスタイルを決めていきます。
 あとは、自分の情報を入力していくだけ。すると、自分に適したコーチを自動で検索し、オススメしてくれます。その中で気に入ったコーチを選べば、ダイエット開始です。日々、食事の写真を送るとフィードバックを返してくれるので、それに従っていけば自然と食生活も変わり、健康的に痩せていくことができるでしょう。

「食生活を改善する」ことが長続きするダイエットのコツ!?

 ビール腹を解消するには、とにかく運動することが大事。そう思っている人も多いと思います。しかし、結局続かないのは「運動がツラい」から。ダイエットを長続きさせ、ビール腹を解消したいのであれば食生活を改善するのが一番でしょう。

 「Rise」は自分に適した運動メニューや痩せるまでの計画表などを作成して具体的な数値を追い求めるアプリではありません。しかし、写真を撮って送るだけとスゴく手軽に栄養指導が受けられるので、これまでダイエットに付きまとっていた「ツラい」という感情がなくなります。

 ダイエットアプリの多くは無料ですが、「Rise」は1週間で15ドルと多少のお金はかかってしまいます。しかし、1対1で栄養指導を行ってくれるサービスは通常300ドルかかるそうなので、それと比較したら安いと思えますね。

 現在は、英語での対応のみとなっており日本語には未対応。ですが、これだけ手軽なダイエットアプリがあれば、ビール腹も解消できるかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する