1. これからの営業は「続きはWebで」が合い言葉!USB搭載の次世代名刺「swivelCard」

これからの営業は「続きはWebで」が合い言葉!USB搭載の次世代名刺「swivelCard」

これからの営業は「続きはWebで」が合い言葉!USB搭載の次世代名刺「swivelCard」 1番目の画像
 ビジネスマン、特に営業担当だと頻繁に名刺交換の機会があるだろう。営業を成功させる重要な要素として、名刺交換は度々挙げられる。名刺交換時に顔と名前を覚えてもらうための創意工夫をしている人も大勢いるだろう。

 今回は、そんな名刺交換、ひいては営業のあり方までを根本的に覆す次世代型の名刺 「swivelCard」を紹介したい。
これからの営業は「続きはWebで」が合い言葉!USB搭載の次世代名刺「swivelCard」 2番目の画像
 「swivelCard」は、紙上にUSBが搭載された名刺用カードで、折りたたむことでUSBとしての使用することが可能。
これからの営業は「続きはWebで」が合い言葉!USB搭載の次世代名刺「swivelCard」 3番目の画像
 最近は、デジタルの情報を渡すためにQRコードを名刺につけている人もちらほらいるが、QRコードの読み取りはスマホのアプリも起動しなければならないし、わりと面倒。

 その点、この「swivelCard」なら折りたたんでPCのUSBポートに差し込めばいいので、手間をかけさせずにデータにアクセスさせることが可能になっている。
これからの営業は「続きはWebで」が合い言葉!USB搭載の次世代名刺「swivelCard」 4番目の画像
 「swivelCard」は、通常の名刺より多少の厚みはあるが、それでも名刺3枚分程度。問題なく名刺入れに入るため、殆ど気にならない。
これからの営業は「続きはWebで」が合い言葉!USB搭載の次世代名刺「swivelCard」 5番目の画像
 また、「swivelCard」にはリモートアクセス機能もついており、共有した写真や動画などをアップデートしたときでも、簡単に最新のデータを相手に届けることが可能となっている。


 「swivelCard」は、現在 Kickstarterで資金を募っており、既に予定の5倍近い資金の調達に成功。

 気になる値段だが、 $29からUSBとQRコードのみがついた「swivelCard mini」10枚セット、 $259からアーリーアダプターとして「swivelCard」200枚セットを購入できる。

 今まで営業が上手くいかなかった人や、名刺交換したのに忘れられてしまっていた人にはまさに救世主といえるアイテム。

 ぜひ、この次世代型名刺「swivelCard」を購入して、他の営業マン達との差をつけてほしい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する