1. 大卒の就職率=69.8%!?就職率が4年連続で上昇中

大卒の就職率=69.8%!?就職率が4年連続で上昇中

  • 2334views
  • 0fav

 8月上旬に文部科学省から学校基本調査の結果が報告され、今春の大学卒業者の就職率が4年連続で改善したことが明らかになりました。

 今春に大学を卒業した学生約56万人のうち、69.8%の39万人余りが就職したことが7日、文部科学省の学校基本調査速報で分かった。前年より2.5ポイント上昇し、4年連続で改善。リーマン・ショック前の2008年春の水準(69.9%)まで回復した。

出典: 大卒就職率69%に上昇 4年連続改善、景気回復映す :日本経済新聞
 2014年の大卒者の就職率は69.8%で、この数値はリーマンショック前の数値と並ぶ数値です。

就職者は前年度より1万8980人増えて39万4937人。このうち、雇用期間が1年以上で週30~40時間働いている契約社員や派遣社員など「非正規雇用」は、前年度より507人減って2万2275人。大卒者全体に占める割合も0・2ポイント減って3・9%となった。

出典: 大卒の就職率69・8%…4年連続で改善 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ...

 正規雇用が65.9%で非正規雇用が3.9%で、非正規雇用者の全体に占める割合も前年度より減っているようです。

一方で、大卒者の中には進学も就職もしていない者やアルバイトなど一時的な仕事にしかついていない人が8万人以上いることも分かり、就職を巡る厳しい状況は依然として続いています。

出典: 大卒就職率69.8%で4年連続「改善」 文科省 - テレ朝News - テレビ朝日
 一方で仕事が無かったり、一時的な職についている人も一定数あり依然として就職には厳しい状況が存在しています。

 4年連続で大卒者の就職率が上昇した要因は、アベノミクス等による景気回復だと見られています。まだまだ、景気回復を実感できる大きな生活の変化はありませんが、すこしずつ、私たちを取り巻く環境は良くなっているようです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する