1. 最高裁が永住外国人に生活保護が適用されないと判断!支給されてる人はどうなるの?

最高裁が永住外国人に生活保護が適用されないと判断!支給されてる人はどうなるの?

  • 2893views
  • 0fav

 しばしば問題として取りあげられるものの1つに、「生活保護」があります。数年前にはある芸人に多くの収入があるにも関わらずその親が生活保護受給を受けていたという事件もありましたね。今回は、不正受給ではなく生活保護と永住外国人に関するお話をしていきます。

 国内での永住権を持つ外国人が、日本人と同じように生活保護法の対象となるかどうかが争われた訴訟で、最高裁第二小法廷(千葉勝美裁判長)は18日、「外国人は生活保護法の対象ではなく、受給権もない」とする判断を示した。

出典: 永住外国人は生活保護法の対象外 最高裁、二審を破棄:朝日新聞デジタル
 上記の「外国人は生活保護法の対象ではなく、受給権もない」との判決はつまり、日本人でなければ生活保護を受ける権利はないということです。これは、2審を退けて出された判決です。では、その2審はどのような判決だったのでしょうか。

1審・大分地裁は10年10月、生活保護法が対象を日本人に限定しているとして女性側の訴えを退けた。これに対し2審は、旧厚生省が1954年に外国人を行政裁量で同法に準じて扱うよう通知した点から「一定範囲の外国人も、生活保護法の準用により法的保護の対象になる」と判断し処分を取り消した。

出典: 生活保護訴訟:中国人女性の逆転敗訴確定 最高裁 - 毎日新聞 - 毎日jp
 1審では外国人には生活保護を受ける権利が無いとしていますが、それを2審では棄却されています。さらに、最高裁では再度それを棄却し外国人は生活保護の対象にならないと結論付けています。

 では、今生活保護を受給している外国人はどうなるのでしょう。

 各自治体は裁量で、永住資格を持つ外国人に生活保護に準じた措置を取っており、判決の影響は事実上ないとみられる。

出典: 生活保護外国人は対象外 中国籍女性が逆転敗訴 : 最新ニュース : 読売 ...
 生活保護を受ける権利は国籍を持った日本人のものとは言っても、それに準じた措置によって永住外国人の生活は保障することを自治体の裁量に任せています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する