1. 医者の診断が自宅で?処方箋まで発行してもらえるオンライン眼診断サービスが医療のあり方を変える

医者の診断が自宅で?処方箋まで発行してもらえるオンライン眼診断サービスが医療のあり方を変える

 これまでメガネやコンタクトレンズを購入するためには、病院に行き医師に視力検査をしてもらわなければなりませんでした。しかし、海外には病院に行くことなく、オンラインで眼の診断をしてもらえる「OPTERNATIVE」というサービスがあるのです。

 医師の診断が自宅で受けられる。このサービスの登場により、医療のあり方が大きく変わることでしょう。

処方箋まで受けられる!オンライン眼診断サービス「OPTERNATIVE」

 「OPTERNATIVE」はオンラインで視力検査や眼の診断が行えるサービスです。診察時間もたったの10分と非常に短く、診察にかかる費用も通常の75%未満となっています。「OPTERNATIVE」の利用にはカメラは必要なく、パソコンとネット環境さえあれば問題ありません。

 「OPTERNATIVE」が最も優れているのは、診断をしてもらえるだけでなく、処方箋まで発行してくれるところ。つまり、自宅から一歩も出ることなくメガネやコンタクトレンズを買うことができるのです。

 ただし、「OPTERNATIVE」の診察を受けられるのは糖尿病、高血圧症などの持病がない18歳〜40歳の人のみ。それ以外の人は、診察を受けることができません。

医師の診断が全て自宅で行える時代がやってくる!?

 「OPTERNATIVE」は眼の診察を自宅で行えるサービスですが、こういったサービスが普及すれば、医療のあり方をも変えてしまうでしょう。もしかしたら遠くない未来、医師の診断が全て自宅で行える。そんな時代がやってくるかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する