1. NHKがネット視聴者からも受信料を徴収することを検討中!?

NHKがネット視聴者からも受信料を徴収することを検討中!?

  • 6076views
  • 0fav

 テレビを見る目的で設置したら、NHKの受信料を支払うという決まりがあります。これは、放送法によって決められているものなのですが、抜け穴が存在しているため、「NHKの受信料なんて払ってないよ」という人も多くいるというのが事実です。そんな中で、NHKの会長がこのNHK受信料をネットでの視聴者からも徴収するとの発言をしました。

 1月25日の就任から半年を迎えるNHKの籾井勝人会長(71)が23日、毎日新聞のインタビューに応じた。籾井会長は放送法の改正により、3年以内にインターネットを通じて、パソコンやスマートフォンでも放送と同時に番組を見られるようにする「同時再送信」を実現し、ネット視聴者からも受信料を徴収する意向を明らかにした。

出典:籾井NHK会長:ネット視聴で受信料 3年以内に徴収意向 - 毎日新聞
 今回の会長の発言は、今後は東京オリンピックに向けてテレビ放送と同時にインターネットでも番組を配信し、その視聴者たちにもテレビ視聴者と同じように受信料を払ってもらおうという趣向です。

何がどう変化する…?

 では、もし同時再送信が実現された場合に、どんなことが変化するのかについて具体的に見ていきましょう。

 はじめに同時再送信とは、テレビで配信されている番組を同じ時間にインターネットで配信することを指しています。現在、NHKは番組の放送終了後にオンデマンド放送で番組を提供しています。その時間に放送されている番組がその時間に見れるというのが同時再送信なのです。

 そこで疑問なのはパソコンを持っているだけで受信料が取られてしまうのかということですね。NHKは、パソコンをインターネットに繋ぐと受信料を徴収することが出来ると解釈する可能性があります。パソコンを買ったらインターネットに繋がない人はまずいないため、ほとんどの人が受信料を払わなくてはならないということになりかねません。

 NHKからまだ具体的な案が示されていないため何とも言い難い状態ですが、どのような制度を採用するかによって、受信料が取られるか否かは大きく変わってきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する