1. あなたのiPhoneを3Dカメラに変える!海外で話題のアプリ「Seene」を使った写真がスゴイ

あなたのiPhoneを3Dカメラに変える!海外で話題のアプリ「Seene」を使った写真がスゴイ

 3D写真を撮るためには、高性能のカメラを購入しなければなりませんでした。しかし、今ではiPhoneをすぐさま3Dカメラに変えてくれるアプリがあります。まずは下記の画像を見て、3D写真を体感してみて下さい!

3D写真が誰でも簡単に撮れるカメラアプリ「Seene」


 いかがでしょうか?カーソルを上下左右に動かすだけで、1つの写真を別の角度から見ることができるのです。iPhoneで3D写真の撮影を可能にしてくれたのが「Seene」というカメラアプリ。無料でインストールできるので、アプリを起動すればすぐさまiPhoneが3Dカメラへと早変わりです。

 3D写真と聞くと撮るのが難しそうと思うでしょうが、写真の撮り方も非常に簡単でした。「Seene」を使って、どのように3D写真を撮るのか、紹介していきます。

上下左右に動かすだけで3D写真が撮れる!

 まずはアプリを起動し、被写体にカメラを向けます。被写体に黄色の点が表示されたら、下にある撮影ボタンを押しましょう。そうすると、真ん中に八角形が表示されるので、その状態になったらカメラを動かして写真を撮っていくだけ。
 上下左右にカメラを動かし、4つの方向を緑にしていきます。全ての方向が緑になったら、撮影は終わりで3D写真の完成です。

 また写真を撮るだけでなく、他人が撮った3D写真も楽しむことができるので、見ているだけでも楽しいでしょう。

 自分の持っているiPhoneがすぐに3Dカメラになってしまうカメラアプリ「Seene」。3D写真を撮ってみたいという人は、「Seene」を使って3D写真の撮影を体感してみて下さい!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する