1. 体に装着するのは寝にくいよね?置くだけで寝室環境を分析して安眠支援をするガジェット「Sense」

体に装着するのは寝にくいよね?置くだけで寝室環境を分析して安眠支援をするガジェット「Sense」

 仕事で疲れてベッドにダイブ…したはいいけど、中々寝つけない夜を過ごしていませんか?疲れているのに寝つけないのは、睡眠環境が悪いからかもしれません。

 最近は、身につけて寝ると睡眠の質などを計測してくれるガジェットが既に存在しますが、大抵そういうものを身につけると寝にくいですよね。

 今回は、身につけずに置くだけで睡眠環境を計測・分析し、快眠をサポートしてくれるガジェット 「Sense」を紹介したいと思います。
 「Sense」は3つのガジェットから構成されていて、部屋の空気や温度などを分析する球体型のガジェット「Sense」本体、枕につけることで寝返りなどのデータをモニターする「Sleep Pill」、そしてこれらとBluetoothで連携するスマートフォンアプリ。この3つの連携で快適な眠りをサポートします。
 「Sense」には、照度センサー、湿度センサー、温度センサー、パーティクルセンサーが搭載されていて部屋のありとあらゆるデータを取ることができ、
 「Sleep Pill」には、6軸加速度センサーとジャイロスコープが組み込まれていて微細な動きから大きな寝返りまで全てを計測することができるのです。
 分析したデータはアプリで閲覧することができ、どういう条件下で睡眠をしているか一目で分かります。
 また、アプリには睡眠の質を数値で表示してくれるスリープスコア機能や、
 分析したデータに則って、快適な起床を手助けするスマートアラーム機能が搭載されています。


 「Sense」は、現在 Kickstarterで出資者を募っていますが、既に予定の16倍以上である1.7億円もの資金を調達しています。肝心の値段ですが、定価 $129のところを、今ならアーリーアダプターとして $99で購入することができます。

 睡眠に悩んだ日々も今日で終わりです。是非この「Sense」で睡眠環境を改善して、最高の睡眠を手にしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する