1. あらゆる平面をタッチデバイスに変える、ポケットサイズの超小型プロジェクター「TouchPico」

あらゆる平面をタッチデバイスに変える、ポケットサイズの超小型プロジェクター「TouchPico」

 最近は、ホームシアターなど家庭でもプロジェクターが容易に準備出来る時代になりました。ですが、それでも専用の設備が必要だったり、プロジェクター自体が持ち運びが大変だったりと不便でした。

 今回はそんな問題を解決する、ポケットに入るくらい小さいプロジェクター 「TouchPico」を紹介します。
 「TouchPico」は、手のひらに収まるくらいのプロジェクターですが、最大80インチ(約2m)ほどの広さに映像を投影することができます。
 しかも、専用のペンを使うことで壁をタッチスクリーンにすることもでき、
 ちょっとした時に、好きな場所でプレゼンテーションが可能だったり、
 スマートフォンと連携すれば、ビデオ会議すらも行うことが可能になります。
 その他にも、製品開発やゲーム、体を動かすスポーツなどにも応用することができると開発者達は述べています。


 「TouchPico」は、現在 INDIEGOGOで資金を募っていて、既に予定の6倍近い資金を調達しています。気になる価格ですが、定価 $499のところを、今ならアーリーアダプターとして $349で購入することが可能です。

 この「TouchPico」があれば、どこでも製品の説明やプレゼンも可能になるので、特にこれから起業をしようと思っている人は、購入を検討してもよいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する