1. 【動画】なぞると文字を読み上げる指輪型ガジェット「FingerReader」が点字の世界を変える

【動画】なぞると文字を読み上げる指輪型ガジェット「FingerReader」が点字の世界を変える

 ウェアラブルデバイス全盛である今日、MIT(マサチューセッツ工科大学)で開発された指につけるウェアラブルデバイスが話題になっています。

 その名は「FingerReader」

 指に付けて文章をなぞると、それをスキャンして読み上げてくれるウェアラブルデバイスです。
 上の画像のようにデバイスにはカメラがついており、
 スキャンした文章は、コンピュータに搭載されているアプリケーションで処理され、正確に音声として出力されます。
 上の画像のように、文末もしっかり認識でき、指が文末にきたらバイブレーションで教えてくれる仕様になっています。

 従来、目の見えない人が本を読むためには、点字で書いてある本を探さなければいけませんでした。点字は学習コストも高く、目の見えない障がい者の人の中でも1割程度の人しか読めないという統計もあります。

 「FingerReader」は、指が文章からずれたときもバイブレーションで知らせてくれるので、目が見えない人にも普通の本が読めるようになっているのです。
 また、本だけでなく電子書籍にも対応しており、今後さらに広く様々な文章を読めるようになるでしょう。


 まだ、開発段階のため一般販売はされていませんが、MIT Media LabのFluidインターフェースグループは「FingerReader」をより低コスト化すると明言しているので、近い将来、より低コストになった「FingerReader」が市販されることも考えられます。

 今後、翻訳機能にも力を入れていくと明言しているFluidインターフェースグループ。障がいを持っている人だけでなく、一般の人にも使えるデバイスになっていくのではないでしょうか。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する